Coolに見えるか否か決戦のクールビズ

こんにちは!
ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

完全に出遅れました、このテーマ。
いやいやしかし、
今年のクールビズ期間は5月1日から10月31日までと
1カ月長くなっていますので、
残りの4ヶ月間是非ご活用ください。

さて職種や取引先や上司によって
クールビズのドレスコードはまちまち。
普通にスーツにネクタイしてる方が
何も考えなくていいから簡単です。

スーツの上着とネクタイ取りゃーいいんでしょ?

てな簡単なものではなく、
引き算だけでは間抜け感がでるのは確実。
そこをだらしなく見せないための
足し算の配慮が必要です。

そう!クールビズは難しいんです。
クールビズに於いてこそ
その人の常識、センスが試されるのです。

++シャツ襟は自立++

レギュラーカラーのカッターシャツは
タイドアップ前提で作られていますので、
ノータイで第一ボタンを開けると
ベローンと広がりますね。
これはいただけません。
襟が自立する形状、
襟にひとひねりあるタイプを選びましょう。

++色合いも涼しく++

シャツは見た目ので涼しさも大事。
白を基本に薄いパステルカラー、
中でも寒色が涼しげですので
ブルー、サックスのストライプなどは
何種類か揃えるといいですね。

おすすめはブルーストライプのクレリックシャツ。
白の清潔感とストライプのクールさ
両方を持ち合わせていますし、
何よりも間伸びしがちなノーネクタイの
襟元にアクセントを与えてくれます。

++カッターシャツに下着は着る?着ない?++

上着を着ないのですから、
カッターシャツは常に透けます。
さて、どうするか。

国際的な基準ではカッターシャツそのものが
下着の位置づけなので
さらに下着は着ないというのが
基本ルールではあります。
しかし日本の夏にそれはあまりにも
本人も周囲も不快すぎるので
地域限定ルールが特別に適用されていると
考えていいでしょう。

下着を着る際に気を付けたいことは
・襟元がVゾーンから出ない
・目立たない
・吸汗性が高い
の3点です。

となると、まずクルーネックTシャツは
襟が詰まっているので
第一ボタンを開けた時には見えますからダメです。
(ロゴ入りなんかはもってのほかです)
VあきかUあきが無難でしょう。

またランニングは脇の汗ジミが気になりますので
袖付きのほうがいいです。


一番のオススメは
「ステルスカラーシャツ」

ベージュやグレージュなどの肌色に近い色目なので
カッターを着るとほとんど分かりません。
ここ数年でビジネス用にずいぶん定着したようです。
一度お試し下さい。

++王道ジャケパン++

ノーネクタイでスーツを着るのも
スーツのジャケットを単品で着るのも
カッコよくありません。

ジャケットとパンツなら
カジュアルすぎず、
ネクタイありでもなしでもキマります。

まずはテッパン
ネイビージャケット×グレーパンツから。
この組み合わせは間違いない。


またネイビー以外の他のジャケットの場合でも

ジャケットとパンツに濃淡差、色差をつける、

これが組み合わせの基本です。

 

単品ジャケットはスーツの時より

さらにフィットしたサイズ選びを心がけてください。

ジャケパンのいいところ、
何と言っても

アンコン仕立てでジャケットが着れるってこと。

アンコンとはアンコンストラクテッド、
「構築的でない」という意味で、
裏地、芯地、肩パットなどがありません。
軽くて、涼しくて、コンパクト。
着ていて動きやすく、
移動中持ち歩くにもぴったりです。

そしてアンコンジャケットは
素材が綿や麻、
生地の織り方も
サッカー、コードレーン、鹿の子、ジャージーなど
動きやすさや涼しさの面で優れているものが
多く出ています。

ジャケットがこのように
カジュアルになってくればくるほど、
合わせるパンツもウールではなく
ノークリース(折り目がない)のものが
マッチします。

そうです、シャツ、ジャケット、パンツの
カジュアル度を合わせるのがポイントです。

++ベルト見られてます++

格段にベルトが目立つクールビズ。

穴が広がっている
  (引退です)
使っているのが真ん中の穴じゃない
  (痩せるか、ベルトをカットするか、どっちか)
ミョーに目立つバックル
  (ロゴ、紋章などはちょっと・・・)
靴と色が違う
  (基本です)
↑これらは要注意。

せっかくなのでベルトも夏仕様で
メッシュやストライプなどはいかかでしょう。
かなり涼しげな印象になります。

++ネクタイも涼しく++

クールビズで取り入れていただきたいネクタイ、
それはニットタイ。

シルクや麻で編まれた夏のニットタイは
持ち運ぶにもシワにならないし、
なにより見た目がメッシュなので涼しげです。

基本はソリッド(無地)ですが
ボーダー、ドットもあります。
ネイビージャケットにトリコロールの
ボーダーニットタイなんて

まさにマリンで素敵です。

織物のネクタイと比較して
幅が狭いので、ジャケットはそれに合わせて

襟の幅の狭いものが相性がいいですね。

サンダルと七分丈パンツで通勤できる私にとって

上記のクールビズでも十分窮屈です。

日本経済を支える

男性ビジネスマンには心から敬服します。

 

少しでも服選びを楽しむことで

気分だけでも爽快になっていただきたいのです。

そしてモテリーマンになるという

大きなオマケもついてくること間違いなし。

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

涼しげでも汗かいてても働く男性はカッコいい!

 

   りんご考

2019年

9月

27日

秋色が似合わない

続きを読む

2018年

12月

12日

ダーリン改造計画

続きを読む

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む