ステキの条件-最後

こんにちは! ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

 

ステキの最後の条件

「呼吸」です。

 

呼吸はもちろん見えません。

ではなぜ呼吸が見た目を左右するのでしょうか?

 

まずひとつめの理由

呼吸は「発声」を司っています。

声や話し方もイメージをつくる重要な役割です。

聴覚は側頭葉を刺激するので

記憶との連動性がとても高いんです。

心に響く声は心に残る声でもあります。

 

ちなみに私にとっては声とか匂いって

顔と同じくらい重要なんですけど

あなたはいかがでしょうか・・・? 

 

そして、ふたつめ、

呼吸には、心のあり方=本来のその人らしさ

が表れる、という理由です。

 

肩でする浅い呼吸は「アタマ」の呼吸。

丹田(お腹)の呼吸は「体」=「心」の呼吸。

自分に自信のないときや心を病んでいるときには

呼吸は浅くなります。

 

アタマ(常識・理性・建前)が心に勝ろうとするとき、

心と体は窮屈になり、なんらかのSOSが出ます。

まず自律神経、食欲、睡眠などが乱れます。

体は心に正直なんです。

 

深呼吸が心身症の治療にも取り入れられているのは

自律神経を整え、ゆったりと自分のペースに戻るためです。

自分の体を意識することで

自分の軸を感じ

それに寄り添うことができます。

 

ヨガや気功など、東洋医学では

呼吸は非常に重要です。

 

ルノンキュルの軸

「自分をもっと好きになる」は

本来の自分を受け入れ、寄り添うこと。

これができた人の変化はすごいんです。

自信が見た目に表れます。

自分の本当に好きなこと、したいことができるので

目の輝きも違ってきます。

そしてちゃんと自分を受け入れている人が
他人ともちゃんと心でつながることができるんですね。

 

ところがアタマではこれは難しい。

 

だって人間は完璧ではないし、

アタマは世の中にある基準で

完璧ではない自分に「OK」と「NG」の

ジャッジをするからです。

 

それに対して心は「感じる」ことがすべてです。

好き↔嫌い

気持ちいい↔悪い

したい↔したくない

赤ちゃんのように素直でシンプル。

here and now

 

アタマのコントロールに支配されていなければ

人は本来自分のことが大切で

大好きなのが当たり前です。

少しアタマの「考える」をストップして

心がどこに行きたいか「感じる」

時間を持ってみましょう。

 

毎日起きてすぐと寝る前に1分間

腹式呼吸の練習をしてみてください。

横隔膜を下に広げる感じで鼻から息を吸います。

そしてできるだけゆっくりと

すべての空気がなくなるまで吐きます。

 

たまには野外で寝っ転がってやってみるのも

是非オススメです。

広い空の下、空気が肺に出入りするだけの自分に

しばし集中してみる。

自分が自然の一部で、ちっぽけで、

かけがえのない愛おしいものと

感じられるはず。

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、人との関係が変わる。

今のままであなたはとってもステキです♪

 

   りんご考

2018年

12月

12日

ダーリン改造計画

続きを読む

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む