「普通」がことごとくもっさりする

こんにちは!ルノンキュルのりんごです。

 

「ベーシック」「レギュラー」「スタンダード」

これらはハズさないと思っていると大間違いで、

普通なものほどパッとしない、

そういう人はとても多いです。

 

例えば

長袖、半袖。

フルレングスのパンツ。

膝丈、やや膝下丈のスカート。

一番多い40~45cmのネックレス。

襟付き前開きの綿シャツ。

普通のカーディガン。

普通のスーツ。

百貨店の5号以下や13号以上のフロアで売ってる

どこにでも安心して着て行けそうな服。

そういうのです。

 

おかしくないけど

なんとなーくダサい。

こういう方のお悩みは

なかなか深刻なものです。

普通が似合わないって、

どうすりゃいいのよ?

 

海外のものや、奇抜なものが似合わなくっても

そんなには悩みません。

でも、ショッピングモールや量販店で

たくさん売ってる。

雑誌でも「誰にでも似合う」なんて書いてある。

 

 

じゃあ、私のどっかがおかしいのかしらん?

って思って長年生きてる。 

私もそうでしたね。

 

大丈夫です。

あなたに問題があるわけではありません。

そういうタイプ、ってだけです。

雑誌に書いてある

「誰が着ても○○」なんてのはウソですから。

「普通」に寄り添えば安心で便利かもしれないけど、

味方してくれないものに媚びる必要はありません。

すっぱり割り切ってしまいましょう。

 

かと言って

変わったものばかり着るわけにも

いかない場合、

アイテム選びと着崩しの練習をすることです。

 

長袖、半袖

→袖をまくる。5分・7分袖やフレンチスリーブにする。

 

フルレングスのパンツ

→ロールアップするかカットする。

 

膝丈のスカート

→ミニかマキシ丈を選ぶ。

 

40~45cmのネックレス

→チョーカーかロングネックレスを選ぶ。

 個性的なデザインを選ぶ。

 重ね付けする。

 

襟付き前開きの綿シャツ

→ちゃんと着ないで羽織る。

 襟の形状がイレギュラーなものを選ぶ。

 下まで開いていないものを選ぶ。

 

普通のカーディガン

→ロングカーディガンを選ぶ。

 前を全部閉じたり、袖を通さないで着る、

 など普通に着ない。

 

普通のスーツ

→なるべく定番でない襟や袖や打ち合わせの

 デザインを選ぶ。

 

百貨店の5号以下または13号以上のフロアで売ってる

どこにでも安心して着て行けそうな服。

→小さい人は子供服、大きい人はメンズから選んでみる。

 

 

こういう感じで、自分なりにルールを崩していくことと、

「ベーシック神話」を捨てることです。

ビジネスやフォーマルな場では

限界があるかもしれません。

でもだれしも、おしゃれを諦めないといけない

シチュエーションはありますので、

そこは致し方なし。

 

それよりも

自分には「普通」以外の

素晴らしい世界が開けていることに

嬉しくなるはずです。

 

私もそうでしたよ。

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

適当な安心よりも心躍るものがいい

   りんご考

2019年

9月

27日

秋色が似合わない

続きを読む

2018年

12月

12日

ダーリン改造計画

続きを読む

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む