男ウケ?オバサン?ツインニットの境界線

こんにちは!ルノンキュルのりんごです

 

婚活というのも女性のお客様が

コンサルを受けようと思う

きっかけのひとつです。

 

さて、そのお客様は

ご家族に婚活を勧められたから、

ということでお越しになりました。

今までのカッコじゃいかん。

女らしく、可愛らしくせねば。

では私にはどういうのが似合うの?

ということでした。

 

カラータイプがウィンター、

骨格タイプがNatural。

つまりざっくり言ってしまうと、

凛としたカッコいいタイプ。

芸能人で言うと、

萬田久子さん、りょうさん、

今井美樹さんなど。

 

メイクも、

黒のライナーでややシャープにアイラインを入れて

青みのシャドウを加えると

ゾクッとするくらい神秘的でお奇麗。

 

彼女の魅力は

おそらくご家族が

思っていらっしゃるであろう

婚活=かわいく、きちんと、清楚

のイメージはそのままハマらないってこと

想像いただけるかと思います。

 

そこがお悩みだったわけです。

 

 

 

・ツインニット

・お嬢様ワンピース

・シャネル風スーツ

・ボレロ+ワンピース

 

この婚活向け定番と思われる4つは、

骨格タイプWaveの人以外には

厳しいものがあります。

NaturalやStraitにはオバサンくさく、

滑稽にすらなってしまいます。

 

そこまで似合わないものを着て

婚活に出向かなくてはいけないのか?

 

 

答えは明らかに「NO」ですよね。

  

 

一般的に今では

お見合いも婚活パーティーも

昔ほどかしこまってはいません。

ワンピースやお嬢様にする必要もなし、

パンツでもOK。

キレイめの普段着で、

感じが良く見えればいいんです。

 

 

Naturalさんの婚活スタイル

大事なことは

「シルエットにフェミニンとキチンとを

 求めない」

フェミニンさ、キチンとは

素材と色で表現してください。

 

・頑張ってる感のないワンピース

・とろみや光沢やレーストップス+パンツスタイル

・キレイめプルオーバー+スカート

このあたりが落としどころでしょう。

 

顔立ち的にも、骨格的にも

子供っぽいものや定番のものや

過剰にフェミニンなものは

お似合いではないのです。

本来ならカジュアルでルーズなものが

お似合いですが、

婚活ではそこは抑え気味に、

大人っぽく洗練された

デザインと素材を選ぶのが正解。

 

ただし、ウィンターさんであっても、

婚活で黒は選ばないように。

黒が一番似合うなら、

ネイビー、白、グレーなど

代替えの色で。

 

それよりも何よりも

婚活は自分のため。

婚活の主役は自分、という

一番大事なこと、忘れてる気がして

ちょっと申し上げました。

 

自分はこういう人間ですって、

表現をすることも

ありのままの自分を受入れてくれる

パートナーと出会うための

大事なプロセスかもしれません。

親が安心する

「一般的婚活向け」にアレンジした

自分で出向く必要はないと思います。

 

 

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

一番自分らしく魅力的な自分で婚活しないでどうするの

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む