眉毛にあなたの人格語らせちゃっていいの?

こんにちは!ルノンキュルのりんごです。

 

自分の第一印象が気に入らない。

コワく見える、老けて見える、

垢抜けない、知性に欠ける。

どうしたら第一印象が

中身に近づくのか。

良く見えなくしている要因は何なのか、

診断して分析してご提案する、

それがスタイリング。

 

普通はこれを2~4時間かけて

診断・分析・ご説明するわけですけど、

ところがです。

時にはお会いしてものの数十秒ほどで

「あ、これだ」って

原因がすぐにわかることがあります。

(私がわかったとしても、ご本人に

コンサルティングを通して

ご納得いただくことが必要ですから、

口には出しませんけどね)

 

服や髪型よりも、

段違いに客観的に見れない

ある箇所があります。

それは

眉。

 

 

40代以上の女性の多くはこれ。

眉毛を直せば

他は特に大きな問題はなかった。

ってことはしばしばあります。

 

 

そう、眉毛の威力は偉大なのです。

他がよくても

全体の印象を

決定的に悪くしてしまいます。

 

だけどご本人は全くわからない。

見慣れちゃってますからね。 

 

 

 

あなたが最後に眉毛の描き方を練習したのは

何年前ですか?

それから、自分の眉も

世間も変わっています。

ずれていっていないか、

2.3年に一度は下記の方法で

眉毛チェックしてくださいね。

 

 

 

 

 

++眉毛あるある++

 

その人の目鼻立ち、

骨格やカラーにあった

眉の形と色があります。

 

眉一つで顔のパーツは

ゴールデンプロポーションにぐっと

近づきます。

 

コンサルティングでは

それをご指導します。

 

今日お話したいのは

それ以前の問題。

 

・細すぎる

・アーチがきつい

・境目をぼかしていない

・眉頭からくっきり

・左右対象でない

 

要するに「不自然」

 

不自然なものを見た時に

人は必ず真っ先に

警戒心と嫌悪感を感じますから、

第一印象はそこからスタート。

覆すことはとても難しい。

 

そういう意味では

ほったらかしで

濃すぎるとか太すぎるってほうが

まだマシなのです。

でも放ったらかしの人よりも

上の不自然シフトのほうが

圧倒的に多いです。 

++ざっくりだけど確実なチェック方法++

 

上のように基本のマニュアルはあります。

実際の自分に照らし合わて

ちゃんと描ければ問題なし。

 

一人でこれマスターするのは

難しいって人には

ざっくりアバウト、

でも簡単にわかりやすい

チェック方法をお教えします。

 

 

1.自分の写真を撮る

 

 真正面から顔の写真を撮ってください。

 あまり接写でなく顔全体が入る感じで

 できれば自撮りよりも

 撮ってもらったほうがいいかな。

 

 普段見ているのは鏡の自分。

 写真では見慣れた自分の眉と

 左右のバランスが違うはず。

 

 

2.モデル20人と自分を比較する

 

 プロのメイクさんの描く

 現在のイケてる眉と

 先ほどの自分の写真の眉を客観的に

 比較しましょう。

 モデルさん自身は素人でもプロでも

 構いません。

 

 比較はひとり対自分をいちいちします。

 大きく傾向を掴むだけなので

 細かく見ずにざっくりと

 次の4項目だけを

 客観的に比較します。

 

 太さ

 カーブ

 色

 ぼかし具合

 

 今月号の雑誌2.3冊買うと

 モデル20人は集まるでしょう。

 インターネットで雑誌の表紙だけを

 集めても構いません。

 できるだけ自分に近い年代の

 雑誌を選びましょう。

 

  20人と比較すれば

 明らかに自分の眉の描き方の

 クセがわかると思います。

 自分では普通と思ってる描き方が

 果たして普通かどうか

 わかると思います。

 

 

 

 

++自眉はパーフェクトじゃなくて当たり前++

 

眉なんて生えててほしいところ、

生えてほしくないところ、

思うところに生えてる人はいません。

モデルさんみたいに完璧

きれいに生えてるほうが珍しい。

 

でもそこを気にしすぎて

描けない人が多い。

 

自前の眉の生え具合は

あんまり気にしすぎず、

ある程度無視して、

上記のチェックで自分の癖を修正して

描けばいいと思います。

 

それよりも問題は

「いじり過ぎ」

モデルさんの完璧な生え方を目指すと

抜いたり切ったりいじり過ぎになります。

 

毛というのは骨格に合わせて

必要な箇所に生えてくるので、

基本的にはその人に一番合っています。

 

まだ切るのはいいでしょう。

(それも描いたあとで切ること!)

抜き続けると、

もう数年後には生えなくなってしまいます。

眉の常識は年々変化します。

なにもないところに自然な眉毛を描くのに

とても苦労している磨呂さんを

しょっちゅう拝見します。

 

私は何事も

その時のファッションの気分で

何かをするときには、

後で取り返しのつかないことは

安易にしないようにご指導しています。

 

眉毛を抜く、

アートメイクをする、

などはあとで後悔しても

元通りになりません。

同じ意味で、

睫毛が抜けやすい睫毛エクステも

私はオススメしません。

 

自前の持ち物は大事にね。

 

 

 

 

 

 

 

木を見て森を見ず、

とはまさに眉毛のこと。

毛の一本一本を見るがために

自分の全体のイメージとズレては

なにもなりません。

 

眉毛は性格を語ります。

知的、華やか、上品、無邪気、

ケバい、幸薄い、コワい。

 

私も大学生の頃は

今井美樹さんの太眉、

就職してからは安室ちゃんの

モード眉、

やってました。

今見るとおかしいけど、

気分がアガって楽しかった。

 

トレンドに合わせるってことは

そのまんま乗っかっても、

全くノータッチでも、

どっちでもいいけど、

ちゃんとわかってて考えてやるってことが

大事だなって思います。

 

自分の軸足は動かさず、

その範囲でアレンジする。

そして楽しんだらまた戻ってくる。

 

それがいいのかなと思います。

 

 

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

細眉の長男、読んでくれてる?

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む