サイコーにカッコよくてチョーダサい、タートルネックの謎

こんにちは!

ルノンキュルのりんごです。

 

人には3種類います。

タートルネックを着ない人

年をとるにしたがって

タートルネックを着なくなる人、

年をとるにしたがって

着る回数が増える人。

 

今年は特に夏から流行りですから

回数が増える人は多いはず。

でもね、抵抗ある人はあるもんです。

 

世の中に出回ってる量に対して

着こなしが難しいアイテムって

白の綿カッターシャツ、

黒のテーラードジャケット、

黒のタートルネック、

これですね。

 

ちなみに私は着なくなってきた派。

なぜかというと

肩が凝るようになったという

おしゃれとは関係ない理由からです笑

 

でもタートルの似合う人って

本当に好きです。

シンプルで潔くて芯があるかんじ。

 

タートルネックが似あわない、

そういうかたのタイプは
似合う襟、似合わない襟はなにで決まる?」で

ご紹介していますのでご参考に。

 

タートルネックが似合うかどうかは

・顔の輪郭

・首の長さ

・肩幅

・骨格タイプ

・バストの大きさ

主にこれらが関わってきますが、

どれも変えられはしません。

 

でもせっかく今年大流行ですから、

もう少し掘り下げて

できるだけカッコよく着こなすコツを

伝授いたしますね。

 

++縦の長さを出す工夫++

 

タートルネックが難しい理由は

なんと言っても

首の縦の長さが分断されることと

首に厚みが加わることで

肩から首にかけて

詰まった感じになるからです。

つまり太短くずんぐりと

見えがちってこと。

 

骨格タイプで言うと

ストレートタイプの人は

スリムであっても

この圧迫感に陥りやすいです。

 

逆に

モディリアーニの描く女性のように

面長、首長、なで肩、小顔の人は

縦の間延び感が強調されてしまうので

これはこれでお悩みではあるのですが、

タートルネックのお悩みの中で

やはり圧倒的に多いのは

ずんぐりして見えるということでしょう。

 

これを解決するには

「錯視」を利用して縦に長く見せることです。

1.首に厚みが出ないような折り方

 (あるいは折らない)

 

 

 昔「とっくりセーター」と呼んでた頃は

  とっくり部分つまり襟は

  3つ折りにしてました。

 

  こうすると首は太く短く見えてしまいます。

  襟はなるべく折らないでクシュクシュさせる、

  折っても2つ、が原則。


2.長さのあるネックレスや垂らすストール


 縦長のラインができるので

 首に長さを足してくれます。


3.垂れるイヤリング


 耳から下に縦のラインを作ることで

 首に長さが感じられます。



3.Vネック、ノースリーブを重ねる


 これもネックレスと同じ効果。

 たとえばジャンスカ、ベストなど、

 首のくりが深く、袖のないものを重ねることで

 縦長が強調されます。

 


4.髪で高さまたは長さを出す


 ショートヘアならなるべく

 高い位置にボリュームを持ってくる。

 ロングなら結わえる。

 あるいはストレートに長く垂らす。

 

 要するに

 耳から二の腕にかけてのエリアで

 もたつきやボリュームが出ないよう、

 上か下かどちらかに

 すっきりとさせるということです。


++顔パンパンまたはタルタル++

 

タートルネックって要するに

首から上がモジモジくんやレオタード状態、

顔の輪郭、凹凸がこうなってます、

ってことがごまかしようなく際立つわけです。

 

年齢とともに皮膚がたるんできたり、

顎にお肉が乗ってきたり、

むくんでパンパンの時には

より強調されます。

 

年齢とともにタートルネックが似合わなくなる

その理由は大体この辺りです。

 

よくタートルネックは

黒や寒色系がすっきりしていいと

一般的には思われていますが、

顔との色目や濃さが反対だと

コントラストが出て余計に

強調されます。

ですので、私は上記のお悩みに限っては

なるべく顔との色差がない色を

おすすめします。

 

あとは少しでもモジモジくん状態を

緩和するために

首にぴったりして顎まで届く

形状は避けましょう。

首から離れているオフタートル、

リブやストレッチの強くない生地、

ハイネック程度の立ち上がりの襟、

などを選んでください。

++所帯じみた防寒着++

 

あなたがタートルネックを

「暖かいから」という理由で着ているなら

この記事は読んでいませんね。

 

タートルネックが所帯じみて見える人は

寒そうにしている

姿勢が悪い

颯爽と歩いていない

こういう人が多いです。

おしゃれなタートルネックでも

簡単にただの防寒着に

成り下がってしまうんですね。

 

首以外ももこもこ着こむ、

それでなおかつ寒そうに

首をちぢめて背中丸めて歩いてるのは

スタイリッシュからは程遠い。

 

「凛」「溌剌」「緊張感」

これらのいずれもないところには

おしゃれはありえません。

私が生徒さんに最初にお願いする条件は

表情、姿勢、歩き方です。

 

そしてもひとつ言うと

できれば首以外は

すっきりとさせたい。

 

おしゃれは時として

やせ我慢でもあるのです。

++華やかさに欠ける++

 

タートルネックって肌を覆います。

それが

シンプルにカッコよく決まる人もいれば、

逆にミニマムなセクシーさが出る人もいる、

ただのおばちゃんになってしまう人もいる、

これはほぼ

骨格タイプと顔立ちで決まってしまうのですが、

もしあなたがタートルネックで

女っぽさに欠ける感じになるのであれば、

解決策は意外と簡単、

素材と形と色でどうにかなります。

 

モヘア素材のようにふわふわしたもの、

パフスリーブ、

オフタートル、

そして黒やグレーやネイビーなどの

メンズっぽい色以外を選ぶ。

ちょこっと袖をたくし上げる。

アクセサリーをプラスする。

これだけで随分と

苦手意識はなくなるはずです。

そして最後に。

顔の近くにあるアイテムほど

一番似合う色を持ってきて欲しいと

常日頃述べておりますが、

タートルネックは

最も顔に近く

広い面積を覆う服です。

 

合わせやすさや無難な色

(つまりベーシックカラー)という

基準で選ぶよりも、

自分を一番よく見せる色を

選んでくださいね。

 

 



 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人の関係が変わる

タートルってつまりは試験紙みたいなもんかな

 

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む