雑誌に載ってるファッションイメージにならないワケ

こんにちは!ルノンキュルのりんごです。

 

いまさらなお話。

服が「似合う」「似合わない」って

どういうことでしょうか?

 

似合うってことは

「自分のファッションイメージの「守備範囲」から

出ていない」ってことなんです。

 

 

 

 

人は皆

目鼻立ち、顔の輪郭、肌や髪の質感や色味、

身長や体格、表情、声、視線、姿勢、動き

などなどによって醸しだされる

イメージを持っています。

 

全人類のイメージが散らばった

ドームのような空間が

あると想像してくださいね。

その中にはイメージの座標軸が

いくつもあります。

 

座標軸は例えば

マニッシュ⇔フェミニン

フォーマル⇔カジュアル

暖かい⇔クール

くっきり⇔ニュアンス

若い⇔大人

素朴⇔人工的

大胆⇔繊細

ピカピカ⇔マット

クラシック⇔モダン

などなど

 

その座標空間の中に

自分のイメージの該当する

エリアがあります。

それは全体の中の

ほんの小さな一部。

 

表現するとすればこんな感じ。

全イメージの中では

ほんの小さなあなたのイメージ範囲、

ここに当てはまる

服やヘアメイク、

それがあなたの守備範囲。

特にその中でもど真ん中が

「個性が最も映えるイメージ」

 

これの守備範囲をひっくるめて、

「似合う」と言っていいでしょう、

ってことです。

 

この守備範囲にない服や髪型をすると

当然

「似合ってない」「違和感」

てことになります。

極端に大きく外れると

「滑稽」「お笑い」となります。

 

 

 

こんな基本的なことですが、

ほとんどの人は自分の守備範囲が

どこにどのくらいの広さで

存在するかを知りません。

 

誰もが自分のことは

いろんなフィルターがかかってて

客観的に見れませんから。

だいたいが思い込みと

希望的観測ないまぜで

「この辺は大丈夫と思う。

これはたぶん無理?なんじゃないかな?」

程度にテキトーに認識してますね。

 

ヘタすると守備範囲という観念

そのものがない人も多いのです。

 

 

 

この自分の小さな守備範囲を探るのが

「パーソナルスタイリング」です。

 

 

 

上の図を見れば「似合うもののほうが少ない」

ってことは一目瞭然なのだけど、

自分の守備範囲を知らないがゆえに、

「あ、これやりたい♥」って

いろんな色や素材や形やイメージに

やみくもに手を出してしまいます。

 

雑誌やCMで歌われる

「だれでも」

「可愛く盛れる」「垢ぬけて見える」

「着痩せする」「カッコよく決まる」

あれはだいたいが間違い。

座標空間のどこの人にでも、

同じ良い効果が出るなんてことは

まずありません。

 

あれは守備範囲の中でこそ、が前提。

雑誌に書いてあるから

へー!そうなんだ!と

鵜呑みにしてみたものの、

それが上記の「似合ってない」

ひどいときには「滑稽」になることは

よくあるでしょ?

それは書いてある可愛さやカッコよさは

あなたの守備範囲には

含まれていない種類のものだから。

 

可愛くとかカッコよくとか

あるイメージを狙う時でも、

あくまでも守備範囲の中で

調整すること。

これが実は一番効果が高いのです。

 

そう、イメージの操作で大事なのは

やりすぎないこと。

それほど可動域は大きくないって

わきまえておきましょう。

滑稽になってしまっては

元も子もありません。

  

特に「ここぞ一番!」の時には

守備範囲を出ないでくださいね。

 

単なるもっさりにしか見えないナチュラルや、

ネクタイが歩いてるみたいなのや、

ハードすぎるヘアメイク、

などなどをプロフィール写真や

ウエディングや大事な商談に

使っちゃう人、多いんです・・・。

 

 

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる

人との関係が変わる

自分がどこにいるか知らないのは迷子

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む