2019夏のドンりんご

雑誌の表紙は白一色ですね。

夏のドンりんご行ってみましょう。

 

雑誌の企画やスタイリングを

批判するものではありません。

あくまでもパーソナルスタイリングの観点に

立った場合はこういうアドバイスに

なりますよってことです。

モデルさんを一番よく見せるかどうかだけに

フォーカスします。 

リンネル/木村文乃さん

 

これだけアクのないピュアな人も珍しい。

自分と真逆なので

私はすごく憧れる好きな女優さんです。

 

カラータイプはサマー、

骨格タイプはWAVE、

色白で顔立ちも繊細。

変わったデザイン、凝った柄、

目立つ色などはことごとく

お似合いにはなりません。

 

加えて木村さんは、WAVEタイプですけど、

フェミニンなものはおかしくはないけど

パッとしません。

昔のウェーブロングではもっさりしてましたけど、

ショートカットにしてからグンと垢抜けました。

小顔であどけない顔立ちの人は

こういう少年ぽさで

個性が開花するタイプは多いです。

 

そしてカチッとしたものも違和感があります。

 

シンプルナチュラルなもの、中性的なもので

個性が映えるタイプです。

 

てことで、このコードレーンのサロペットは

ど真ん中お似合い。

ボウタイブラウスがほどよく

顔立ちのキュートさと

サロペットの男の子っぽさの

仲介役をしてくれています。

 

100点満点◎

In Red/篠原涼子さん

 

サマーでとても華奢なのは

木村文乃さんと同じですが、

木村さん見た後だと

この篠原さんは味付けが甘すぎ。

 

テーラードジャケットの刑事役とか

ローライズのパンツとか

襟付きの白シャツの胸をはだけてとか、

役柄は完全にそっちですもんね。

いやらしさのない男前キャラなんです。

これは骨格タイプストレートゆえ。

カッコよさが魅力です。

 

この肩出しがなんかヤラシイ。

ドロスト(紐でしぼる)のリボンも

子どもっぽい。

三角座りで頬杖で笑顔がアイドルっぽい。

すっきりしません。

 

トップスが白のシンプルなシャツか

ボトムがデニムならよかったな。

 

Very/滝沢眞規子さん

 

普段から白の服が多いタキマキさん。

 

イエローベースの健康的なお肌は

青みのメイクとは相性が悪いので

おそらくオータムと推測しますが、

はっきりした色がお似合い。

無理やり4シーズンには当てはめないほうが

良いタイプ。

 

イエローベースの人の純白は

顔色が悪く見えます。

これ、パーソナルカラーの基本。

カラリストの先生はたぶんみんな

そうおっしゃるでしょう。

 

でもこれだけの顔立ちの力強さ、

健康美、肌の存在感を持ってすれば、

白の引き算には

トータルとして負けていません。

 

白のセーターだとまた違うと思いますが、

「白のワンピース」という飛び道具的な

アイテムを考えると、

ぼんやり薄いベージュとかよりは

むしろ潔く白のほうが

彼女の存在感をより強くしてますよね。

基本はあくまでも基本。

LEE/中谷美紀さん

 

この方もアクが全くない美しさ。

無垢とは違った凛とした白ですね。

しかし、なにかスッキリしません。

 

パーソナルカラーは

ウィンター、ややサマーなので、

白の上下は悪くない。

ジレのライトグレーも

白を邪魔するほどじゃない。

Tシャツにパンツもいい。

 

いかんのはこのTシャツにジレの

レイヤースタイルですね。

 

この方は骨格タイプは

おそらくNatural、

少なくとも絶対Straitではないですが、

その割には足し算が苦手です。

 

重ね着、上下別、大ぶりのアクセサリー、

ふりふり、ボサボサ。

その辺とは相性が悪い。

シンプルかつ上品かつ

中性的なものがしっくりきます。

柄ものさえも雑味が出ます。

 

髪型もボブかショートが

美しさを引き立てます。

「ケイゾクより」も「電車男」よりも

「阪急電車」よりも

こっちのすっきりボブのほうが断然いいですね。

 

完全な「スムース」タイプ。

なのでジレは煩いです。

顔立ちでここまで骨格タイプは

違ってくるんですね。

eclat/富岡佳子さん

 

カラーがスプリングで

骨格がウェーブのかたは

年のとり方が難しい。

それはよく耳にします。

いつまでも少女のように見えるので、

「可愛い女の子」を続けていると

年齢との開きがどんどん大きく

なくなってくるからです。

 

「可愛い女の子」はもう「イタい」と考えて

軌道修正するもよし。

そのままで行くのもよしではあります。

それはその人の考えや好み次第。

 

落としどころとして、

「少年ぽさ」にシフトしているのが

富岡佳子さんですね。

 

白のTシャツとストライプパンツは

華奢でガーリーな彼女には

シンプルに着たんじゃ

着られてる感満載。

 

バンダナ、ゴツい時計、

外ハネヘア、かごバッグ

などがお茶目にはずす、

いい仕事してます。

美ST/森高千里さん

 

すみません、

今日のワーストドレッサー賞。

 

しかし、このくびれ!

加工してなかったとしたら素晴らしい。

オバさんになっても変わらぬ可愛らしさ。

美脚も健在。

ミニのワンピースも問題なく着こなせます。

 

パーソナルカラーサマーで

骨格タイプウェーブ、

ネイビーもふんわりシルエットも

それほど問題なさそう。

なのになんでこんなに

もっさりしちゃうんだろう。

その残念さゆえのワーストです。

 

敗因はデコルテの開き。

森高さんはフェミニンタイプですが、

露出の多いものは下品で野暮ったくなります。

襟は詰まっているほうがいい。

髪がこの長さのシンプルボブなら

なおさら首周りが寂しく貧弱になります。

髪型はお似合いなんですよね。

 

ちなみに、ミニスカートも

ファッションとしては

露出が多すぎて彼女には下品です。

美脚も出せばいいってものでは

ないのです。

 

アイドル時代の超ミニスカートや

ミリタリージャケットは

彼女の清楚な顔立ちと

合っていないゆえの

アンバランスさがキモ。

独特の異次元感と色っぽさが出て、

「衣装」としては完璧でした。

 

現実世界では残念。

 

襟の詰まりと、

スカートの長さあと10センチが欲しい。

 

しかし、

くびれも膝の細さも

ちょっと痛々しすぎかなと思うのは

私だけでしょうか。。。

全身白は

人によって全く違って見えるのが

よくわかりますね。

 

あくまでも自分の着こなしをすること、

ないものを補おうとしないこと。

それが大事。

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

食べこぼしが気になってあんまり楽しめなかったりもする

   りんご考

2018年

12月

12日

ダーリン改造計画

続きを読む

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む