もっさりさんいらっしゃい②ー小顔さんの憂鬱

こんにちは!ルノンキュルのりんごです。

 

「もっさりさんいらっしゃい」シリーズは

「もしももっさりしていると思うとすれば」

が前提です。

もっさりしているから変えろという

ことではありません。

似合うものを着ているけど、

なぜかもっさりしていると悩める人たちが

気づくヒントになればとの狙いです。

 

これで全然いいやん。と思う人は

気に留めなくて大丈夫。

 

お写真はどれも拝借しております。

 

 

 

 

さて今回は

誰もが羨む小顔さん、

しかも長身となればモデル体型なので

何でも着こなせそうですが、

実は着こなしの難しい人が多い。

 

確かに、テレビやランウェイでは映えます。

対比で目鼻立ちは大きくくっきり見えます。

でも実際にお会いしてコンサルすると

小顔、長身、可愛い顔立ち、骨格WAVE

この4条件が揃った人は

例外なくバランスのとり方が難しく、

似合うものがないとおっしゃいます。

 

 

 

 

骨格WAVEということは

フェミニン、ガーリー、お嬢様が

お似合いのはずなんですが、

小顔で長身となると

どうしてもバランスが悪くなってしまいます。

もっさりかどうかは

どうでもいいくらい

みなさんとてもお綺麗ですけどね。

 

小顔、長身、可愛い顔立ち、骨格WAVE

やはり首から上と下で

イメージがかけ離れています。

 

写真ではわかりにくいですけど、

何人か並んだり、

実際会ったりするとよくわかります。

 

小さい顔との対比で

体格ががっしりして見えます。

そして首も太く見える。

肩幅も広く見える。

骨格WAVEは顎が小さいのでなおさら

こうなります。

 

つまりは顔と体のバランス的に

ガタイよく見えるわけです。

なので、華奢なのに、

フェミニンなものやガーリーな服は

違和感が出てしまいます。

 

かと言ってお顔立ちは甘いし、

所詮はWAVEなので、

NATURALっぽく

ラフにカジュアルにも

決まりにくい。

(普通のWAVEさんよりは

マシではありますけど)

ゴージャスでデザインの尖ったものは

顔が負けてしまう。

ビジネスライクなフォーマルなものも

とても貧相になる。

 

となると

こういう人がよくわからなくなって

落とし所としてしまうのが、

コンサバでちょいお嬢様風、

このへん

でも長身な人にはこれもイマイチ

相性が良くない。

 

 

コンサバでフェミニンでやや不格好。

そういうファッショナブルから遠い

仕上がりとなりがち。

 

 

さて、どう着こなすのが正解でしょうか?


早くからショートヘアを定番にして、

ご自分の個性を確立したのが、

剛力彩芽さんと夏目三久さん。

服やヘアメイクも個性的な

着こなしがほとんど、

あまりハズレのカッコは見当たりません。

センスがよくていらっしゃいます。

 

山本美月さんは

ショートにして開花されましたね。

セミロングのときには隠れていた

魅力に気づいた人は多いと思います。

 

逆に中条あやみさんは

ずっとロングヘア。

ところが中条さんは

センスの悪いダサい写真というものが

ほとんどなくて、

ご自分をよくおわかりだなぁと思います。

ロングヘアだけど、ただ甘くふわふわに

ならないように、どこか尖らせて

メイクや服をチョイスされています。

 

新川優愛さんは普通のセミロングヘア、

普通の服が多いですが

凡庸に見せてしまってもったいないイメージ。

こういうロンパースやデニムで

ボーイッシュにまとめるほうが

可愛らしさが引き立ちます。

 

吉川ひなのさんは

正統派の美人やアイドルというよりは

個性的なファニーフェイスに見せるほうが

映えますね。

フリフリや巻き髪や

ふんわりミニスカートが似合うのは

あくまでも2次元的な想定だと思います。

 

 

 

 

 

まとめてみると、

小顔、長身、甘い顔、骨格WAVEさんの場合、

甘い要素をほどよく残しつつ、

ヘアメイク、トップス、ボトムのどこかに

(全部はダメ)

ボーイッシュさ、エキセントリックさ、

モード感などを効かせることで

甘さが引き算されてバランスが良くなります。

安易なコンサバよりも

ファッショナブルにも見えます。

 

 

 

小顔で優しいお顔の人は

ピーターパンぽざとか、妖精っぽさとか、

ちょっと浮世離れした

独自の透明感が出るなぁと

いつも羨ましく思います。

 

 

WAVEの人は簡単に言うと

フェミニンタイプなのですが、

その一言では魅力の出し方が

説明しきれません。

STRAITやNATURALよりも

ずっとイメージの選択肢が

多岐に渡ります。

実際、フリルもリボンも似合わない、

セクシーなワンピースも

シャネルスーツも似合わないという

WAVEの人はたくさんいます。

フェミニンだからこそ出せる

マスキュリンというものもあります。

 

 

 

マニュアルに囚われすぎる必要は

ありません。

自分に似たタイプの人を知って、

よく観察して、

自分に丁度いいフェミニンの塩梅を

探ってみてください。

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

小顔じゃなくても気に病む必要なし

   りんご考

2019年

9月

27日

秋色が似合わない

続きを読む

2018年

12月

12日

ダーリン改造計画

続きを読む

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む