オフショルは「いやらしく」なく「エロい」もの

こんにちは!ルノンキュルのりんごです。

 

オフショルダーの流行も

もう3.4年近くになりますね。

定番として馴染んだ感があります。

でも、売り場に並んでいる量や

雑誌に掲載されているボリュームと比べると

アラサー以上で

実際着ている人は少ないと感じます。

ミニスカートやショートパンツ以上に

基本的に日本人には抵抗のある

アイテムでしょうね。

 

服の歴史の問題、

体格の問題、

価値観の問題、

などなど。

 

「アラサー以上のオフショルはイタイ」

と言い切ってる人もいます。

私のキライな「何歳まで〇〇」

本当に、年齢ではないんですけど。

 

 

 

++オフショル=いやらしいからダメ++

 

露出がいやらしく見える人と

そうでない人。

この差はなんでしょうか。

 

顔や体格などの持ち味が

もともとセクシーな人と

そうでない人がいます。

もともとセクシーな人は

肌を出してもいやらしくはなりません。

着る人と着るものが

「エロス」で統一されているので、

これは美しく神々しく自然です。

 

一方、男性が性的に好むのは

「いやらしさ」。

いやらしさは

着る人または着るもの

どちらかだけが「エロい」、

片方は全くそうではないという

ギャップから生まれます。

清楚や童顔な女性の

セクシーな恰好や仕草。

逆に

スッチーのお堅い制服や

学生服の子供っぽさなどの

エロスから遠い服を着ている女性。

そういう統一感のないところに

逆にいやらしさを感じるのが男性性。

 

オフショルが同性から見て

いやらしく見えるとしたら、

服のセクシー度と

本人のセクシー度が

合っていないからです。

合っていれば自然で美しいので

嫌悪感や違和感は感じません。

 

ではセクシーな持ち味とは

どのようなものか。

これはなんとも説明しにくいのですが、

・柔らかさ

・肉感

・儚さ

・大人のあどけなさ

・内向性

・アンニュイ

・世離れした感じ

云わば、このあたり。

コンサルタントでなければ

わらなくて当然ですので

あまり追求しなくてもいいですが、

もしご自分の持ち味が

・幼さ

・カッコよさ

・がっちり

・真面目

・しっかりちゃきちゃき

・大声でよくしゃべる

こういった要素が勝っていれば

セクシーそのままでは

難ありと思ってください。

 

(さらに難しくするようですけど、

 セクシー代表的イメージの

 壇蜜さん、杉本彩さん、小倉優子さん、

 インリン・オブ・ジョイトイさん、

 吉瀬美智子さん、叶姉妹、

 みなさんどれも生粋セクシーのタイプではなく

 ギャップによるいやらしさの出せるタイプ。

 しかも際立ったキャラや頭の良さがいやらしさを

 上回るのが魅力の人たちです)

 

 

そのままで難ありの人の場合、

肩が出ているというところは

変えないのであれば、

色、デザイン、シルエットで

自分に寄せることが必要です。

ふんわりギャザーはダメでも

ぴったりニットならいけるかもしれないし、

サックスのダンガリーなら

いい感じかもしれません。

白のコットンでAラインだと

ネグリジェっぽくなるかもしれませんが、

ネイビーでウエストインすれば

都会的にまとめられます。

デニムを合わせると

中性的に中和されるでしょう。

 

 

 

++骨格STRAITの問題++

 

オフショルダーは

デコルテ横断アイテムですから、

骨格タイプSTRAITさんには

首の短さ、

胸の厚み、

などなどが強調されてゴツく見えがち。

 

ギャザーがひらひらついていると

誤魔化せる人、

逆にボリュームの出てしまう人、

両方いらっしゃいますので、

形を吟味してください。

 

リブニットですっきりタイトに、

かつ半袖じゃなく7分から長袖だと

縦長に着こなせますが、

二の腕のボリュームは強調されますので、

ここも体格によって吟味が必要。

 

STRAITさんは健康美が魅力。

オフショルダーが爽快に中性的に

着こなせるタイプです。

その分、どすこいかあさんにならないよう、

ほどよくおしとやかに

女性らしさを忘れずに。

 

 

 

 

++肩幅がとても狭い、広い++

 

肩幅とオフショルのあきが

合っていることが

まずしっくりくる条件です。

骨格タイプWAVEさんはオフショルは

似合う体形ではありますが、

肩幅が狭い、

肩のラインが丸っこい人が多いです。

肩のあきに対して

ご自分の肩幅が狭すぎると

子どもが大人の服を借りているみたい

なっちゃいますので

生々しくいやらしく見えます。

オフショルこそ

ちゃんとジャストサイズを選んでくださいね。

 

逆に骨格タイプNATURALさんに多い

肩幅が広い人は

広さも強調されますので、

調整が必要です。

肩幅が広い人のオフショルでは

色またはシルエットで

「カジュアルにカッコよくごまかす」

これに限ります。

あくまでも

フェミニン方向に持っていかないこと。

・肩よりも幅広の部分を強調する

 (例えばつば広帽子、Aライン、ベルスリーブ、

  ごつめブーツなど)

・逆に肩よりも華奢な部分も強調する

 (スリムパンツ、ペンシルスカートなど)

・ロングネックレスやサスペンダーなどで

 縦の分断ラインを入れる

・ビーチリゾートやラテン・エスニック系の

 「自由系肩出し」に徹して甘さを排除する

などです。

 

 

 

 

 

いずれも、

自分の持ち味と

アイテムの特徴をわかった上で

相性の調整が必要です。

そしてその調整は

色、素材、シルエット、柄

ひっくるめた上で考えましょう。

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる

人との関係が変わる

年齢はただの数字、ちゃんと本体を見つめましょう

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む