足す方がいい人、引くほうがいい人

こんにちは!ルノンキュルのりんごです。

 

似合うか似合わないかの鍵は

足し具合と引き具合です。

 

さりげなくてミニマムな服が

センスよく見えるとか、

大胆な柄物は背の高い人に映えるとか、

目鼻立ちが小さいから

メイクは派手めにしたほうがいいとか、

そんな一般論はありません。

足す、引くのいい塩梅は

その人によって違います。

 

パーソナルカラーや骨格タイプ、

顔立ちや体格などによって

何をどれだけ足す、

あるいは引くのがいいかが決まります。

でも、複雑なタイプの人の場合は

そう簡単にはわかりません。

 

 

 

とても共通点が多い2件のコンサルをしました。

お二人とも服装には気を使っていらっしゃいますが、

何を着てもしっくりこない

とおっしゃるところも同じ。

 

身長170cm前後と

女性にしては大きい体格。

顔の輪郭、目鼻口のつくりのすべてが曲線で、

お顔立ちから受ける印象は柔らかくて

女性らしい。

物腰、話し方から受ける印象もソフトです。

 

お二人とも

パーソナルカラーの診断結果はサマー。

骨格タイプはNatural。

 

パーソナルカラーと骨格タイプについての

対策は今回置いておくとして、

こういう

 

顔=繊細・柔らかい・小さい・さっぱり

などに対して

体= 肉感的・骨ばっている・大きい

 

つまり

顔<体

なバランスの人は

首から上と下の

足すと引くが逆で

服選びが難しいのです。

もちろん逆も然り。 

 

結果を言いますと、 

このお二人はどちらも

メイクも服もシンプルでナチュラルな

中性的なものがお似合いでした。

ナチュラルメイク、

朝や綿のラフなシャツ、、

ざっくりニットにデニム。

そういったもので魅力が出る

引き算のおしゃれが映えるタイプ。

小雪さん、広末涼子さん、木村佳乃さんが近い。

 

こういうタイプの人は、

人工的なデザイン、大胆な柄、

突飛なものや凝ったものなど

目を引くものを身につけると

なんとも突飛な感じで落ち着きません。

大柄な人には

大胆な柄やデコラティブなものが似合うというのは

大間違いということがよくわかります。

 

かといって、

コンサバティブやフォーマルなものは

骨格タイプのNaturalゆえに

なんとももっさりします。

 

お嬢様っぽいものやキュートなものは

顔立ちには合わなくないのですが、

しっかりした骨組みと身長には

アンバランス。

 

そりゃー着るものに困るはずです。

 

基本的に骨格タイプの

ストレートは引き算がよく、

ウェーブとナチュラルは足し算がいい、

という考え方になりますが、

顔立ち、または体と頭のバランスによっては、

必ずしもそうではありません。

難しいです。

本当に。

 

マニュアル通りでない、

だからファッションは難しくて面白いんですね。

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

足し算引き算は基本のキ

 

   りんご考

2019年

9月

27日

秋色が似合わない

続きを読む

2018年

12月

12日

ダーリン改造計画

続きを読む

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む