Tシャツが寝間着か体操服にしか見えない

こんにちは!ルノンキュルのりんごです。

 

先日

「もっさりから脱却したいんです」と

お越しになった女性のお客様。

可愛らしくて細身です。

シンプルな半袖Tシャツとパンツの

着こなしでいらっしゃいました。

 

なぜもっさりしてしまうかはすぐにわかりました。

 

引き算のシンプルな着こなしこそが

おしゃれだと思っている人は多いですが、

全員にそうとは限りません。

Tシャツ+デニムは

「似合えば」おしゃれ

似合わなければただのキタナイカッコ。

 

確かに外人さんのストリートスナップなんか

見ているとシンプルなものが

おしゃれな気がしてきます。

日本人はごちゃごちゃ着るから

ダサいんだ!

と思ってしまいますが、

そうではありません。

 

日本人にはごちゃごちゃ着るだけの

根拠がちゃんとあります。

 

Tシャツがただの寝間着

または体操服にしか見えない。

こういうタイプの人は

そのまま着るのは難しい。

また、

若い頃は似合ってても、歳を取ると

似合わなくなってくる人は多いです。

 

 

 

 

 

++骨格タイプがWave++

 

 

寝間着になっちゃう代表がこちら。

Tシャツは元来下着ですから、

どうしてもWaveさんの

体の丸みや柔らかさとの相乗効果で

だらしなく、ゆるーく

なってしまいます。

特に肩幅がないとか、なで肩だと

無地Tシャツは難しいです。

 

着こなすコツは、

家ではないお出かけ感

キチンと感をプラスする、

あるいは見るポイントを分散させること。

 

女性ならネックレス、イヤリング、

スカーフなど、首周辺のドレスアップ。

そしてパンプスを忘れずに。

 

男性なら、腰にシャツ巻き、

肩にカーディガンなどが

簡単でオススメ。

足元は是非革靴で。

 

帽子、ストールも効果大なので、

活用して下さい。

 

VネックTシャツはもひとつ

ハードルが上がりますので

やめておきましょう。

 

 

 

 

++骨格タイプがStrait++

 

スタイルを活かしてカッコよく

Tシャツを着こなせるタイプ。

 

しかし、女性の場合、

どすこい体育会系になりがちなので

形、生地、色のどこかに

エレガントさのあるTシャツを

選んで下さい。

コットン100%よりは

レーヨン混、

襟はもリブよりはパイピング、

半袖よりはフレンチか

7分袖がベター。

 

男女とも、

汚らしいイメージは

そぐわないので、

キチンとサイズの合った、

首や袖のヨレヨレしていない

スムーズな生地を選ぶこと。

 

襟ぐりはなるべく大きく開いたものが

スッキリして見えます。

 

 

 

 

 

++骨格タイプがNatural++

 

 

 

 

 

ゆるさ、カジュアルさで

カッコよさを表現するタイプ。

なので、ルーズな首周り、

少しくたびれた生地感もよし、

オーバーサイズもよし。

ロゴや柄入りやヴィンテージTシャツが

おしゃれに見えるのも

この人たちです。

 

でもヘインズのおろしたて白Tに

ストレートデニムにスニーカー、

みたいな普通でシンプルなのは

間延びしがち。

 

シンプルなものの場合、

靴や小物でハズシやこなしを入れること。

 

 

 

 

++ヘアメイク++

 

Tシャツのときほど

髪型とメイクが一番大事。

これ、一番重要なのに、

気をつけてる人が少ない。

 

ラフだからと手を抜くと

とても汚くなってしまうし、

逆にきちんとしすぎると

おじさん、おばさんくさくなって

全くチグハグになってしまいます。

 

普段ビジネス服しか着ない人が

Tシャツが似合いにくいのは

髪型に大いに原因ありです。

 

ややラフに崩してみる。

逆にキチンとまとめてみる。

そこの頃合いを探って下さい。

 

大雑把に言いますと、

女性の場合、Tシャツには

髪はまとめたほうが

万人に似合いやすいです。

 

 

 

++歳を取ると++

 

Tシャツが似合うには

どこかに強さとか主張が必要。

筋肉、骨、顔立ちの主張、

髪のボリューム、肌の濃さ、

目ヂカラ、姿勢。

 

(てことは一番似合うタイプは

アフロで筋肉質の黒人さんでしょう)

 

歳を取って

Tシャツが似合わなくなってきたと

感じるのならば、

加齢によるこの辺の変化が原因です。

 

背中は曲がり、

筋肉は脂肪に変わり、

髪は減って、

口元目元は下がってきます。

 

いつまでもTシャツが着られるよう

体型や姿勢をキープする。

帽子で頭髪をカバーする。

 

あるいはTシャツはきっぱりやめて

今後はシャツにする。

 

努力や工夫も大事、

見切りをつけるのも大事、

どっちもしないのは

ただの無頓着です。

 

自分のことちゃんと見極めましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

時分をもっと好きになる、

視点が変わる、人との関係が変わる

マーロン・ブランドや吉田栄作みたいじゃなくてもいいんです!

   りんご考

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む