good or bad?

 

こんにちは、ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

 

似合う色・柄・デザイン・素材は

あなたの魅力を最もアピールしてくれます。

でも

似合うとか似合わないって主観的なものじゃないの?

という質問はよく耳にします。

ごもっともな疑問です。


カラーアナリストやスタイリストは主観で

「似合う」「似合わない」を決めるのではなく、

ひとつひとつの要素をバラバラにして

その人をどう見せているかを分析します。

 

例えば、

鮮やかなロイヤルブルーのVネックTシャツを

着たとしましょう。

色と形の影響で、どの人の顔も例外なく

同じ変化が起きます。

その影響がgoodかbadかを判断するのです。

 

青みのせいで美白に見えればgood、

不健康に見えればbad。

鮮やかな色で目ヂカラと肌にツヤが出ればgood、

色だけ目立って肌がギラギラしたらbad。

Vネックで首が長く、胸元がスッキリ、

カッコよく見えればgood、

間延びして貧相ならbad。

といった具合です。


若々しい    ↔ 若作り

華やか     ↔ ハデ

すっきり    ↔  寂しい

引き締まった ↔ 険しい

ツヤツヤ    ↔ テカテカ

スリム     ↔ 貧相

 

左右どちらも同じ状態ですが、

左はgood、右はbad

同じ状態がいい印象か悪い印象かは

身に付けている人によって大きく変わります。

お持ちの色素、お顔立ち、体格などで

見え方が変わってくるわけです。

goodな表現が出てくれば、

つまり「似合う」ということなんです。

 

また、気になる体型をカバーしてくれると

思われているチュニックやサックワンピースなど、

体型によっては逆に命取りに・・・。

首をすっきり長く見せるVネックも

フェイスライン、身長によっては

良くない場合もあります。

雑誌に書いてあることはあくまでも

ザックリした一般論ですから

当てはまらないことや

自分がやるとbadな場合も多いです。

 

コンサルティングをお友達やご夫婦など

複数人数でお受けいただくと、

同じものを身に付けても、人によって

映り方が全く違うのが面白いほどよくわかります。

 

そこで、どれもこれも得意、

ばっちり似合っちゃう

そんなマルチな人は

ぜーったいにいないんです。

 

このお仕事をしていると

どの人もそれぞれに違った個性があって、

それぞれ違っているからこそいいんだということが

よく実感できます。

 

ここがよくない、これが似合わない

まずそこから入らない。

ここが好き、これが似合う、

持っている良さにフォーカスして

最大限に活かしましょう。

 

外見について自分の意思でこれができると

内面を含めて自分をまるごと

そういう視点で見られるようになります。

他人と比べない、

自分だけの良さがわかる、

他人の良さもわかる、

ないものに執着しない、

本当にするべきことができる。

 

生きる喜びと言っても大げさではないですよね。

これを外見のコンサルティングを通して

お客様に差し上げる、

これが私のミッションです。

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、人との関係が変わる

自分らしいからgoodなんですよ♪

   りんご考

2019年

9月

27日

秋色が似合わない

続きを読む

2018年

12月

12日

ダーリン改造計画

続きを読む

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む