モテる人は冷静と情熱のあいだ

おはようございます!

ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

 

雑誌の特集で溢れかえる

「愛されコーデ」

「モテファッション」

の類。

若者ばかりではありません。

「同窓会で会う元カレに

『昔より綺麗になったね』と言わせる」

「モテオヤジの作り方」

老若男女問わず

人はなんとモテたい生き物なのでしょうか!

異性の目というのは

ものすごい原動力になるんですね。

 

合コンや同窓会でモテたい

そりゃ当然!

ただ「このアイテムが異性にウケる」

みたいなのは

「似合えば」というのが頭につくんですけど、

そこをすっ飛ばしてるのが問題だよ、と

いつも思います。

 

かわいい、若く見える、セクシー

などは似合っている場合の褒め言葉です。

似合ってなければ同じことをやっても

ぶりっ子、若づくり、イヤらしい

となりますので、

モテ狙いとわかりやすいときほど

ハイリスク、ハイリターン。

雑誌の梨花が可愛くても

平子理沙が似合ってても

そのままやっていいか

そこは冷静に判断を。

 

コンサルティングをしていると

その人なりの「女っぽさ」「男らしさ」があって

その表現の仕方はそれぞれなんですね。

バッチリメイクで体のラインを出すのが

嫌味なくキュートな人、

逆にオーバーサイズの服で泳ぐ骨っぽさと

ラフなヘアメイクがセクシーな人、

ぽっこりお腹の男性が

セクシーだったりも(笑)

それはお顔立ち、体格、骨格、お人柄によって

いろいろです。

 

勝負の日にアドバイスするとしたら

「オンナ度撃沈4アイテム」

(タートルネック、チュニック、

レギンス、ムートンブーツしかも黒)

「不幸顔メイク」

「不潔感」

これだけはまず避ける。

そしてあなたに一番しっくりくる

モテモードを探す。

最後に鏡を見て

「自分史上最高♥」と思えれば

これはかなりいいセン行ってるでしょう!

 

自分も嬉しいとか

自分てステキって思うことは

単なる自己満足のようでいて

人とコミュニケーションを取る上で

重要なベースとなります。

プラスの感情で満たされている人のところに

人は寄って行きたくなるものです。


自分をステキと思うのは

無条件にオンリーワンで面白い

魅力的なヤツだから。

優秀や完璧でなくても一向に構いません。

そういう人は相手にも完璧さを求めないから

人との間に興味、許容、共感、愛情そういった

濁りのない感情を持てるんです。

反対にいい感情で満たされてない人は

「ちょうだいオーラ」が出ます。

かまってほしい

聞いてほしい

求められるとしんどいので

人は離れたくなるでしょう?

 

本当にモテる人って

感情豊かな双方向コミュニケーションが

出来る人。

外見だけでモテたとしても

数秒見たら終わりですもん。

 

自分の価値がわかるから

人も大事にできるし

人からの愛情もきちんと受け取れる。

「投影」とよばれる心理は

恋愛にこそ顕著に表れますね。

受け取れない人のなんと多いことか。

 

自分の価値がわからないってことは

ガラクタをフリーマーケットに

出すようなものです。

いい値段はつけられないし、

アピールできないし、

求めてる買い手にも巡り合わないし、

満足な代償を受取れません。

 

忘れないで

あなたが出品するものは掛け値なし

逸品ですよ!

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる。

買い手を選ぶのはあなたです。

 

 

   りんご考

2019年

9月

27日

秋色が似合わない

続きを読む

2018年

12月

12日

ダーリン改造計画

続きを読む

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む