アクセサリーは頼もしくも手ごわい相棒

こんばんは!

ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

薄着の季節ほどアクセサリーが

存在感を増します。

シンプルな白Tシャツにピアスが主役

なーんてコーディネート

夏らしくていいですね♪


パーソナルスタイリングでは

いろいろな素材やテイストの

アクセサリーを実際に合わせてみて

その方を引き立てる要素を探っていきます。

この分析がなかなか複雑。

 

色、光沢、透明感、素材感、大きさ、デザイン・・・

多くの要素がその人の個性と

干渉し合うからです。

 

アクセサリーを選ぶ基準

いろいろありますがまずは

本人とアクセサリーとのバランス。
自分とアクセサリーのイメージが

離れすぎないこと

自分がアクセサリーに負けないこと。

この二つが大事です。

 

アクセサリーは

マットなものよりは光沢のあるもの

透明なものよりは不透明なもの

色の薄いよりは濃いもの

ボリュームの小さいものよりは大きいもの

幾何学モチーフよりも具象モチーフ

がより主張が強い。

 

いっぽう人間は

骨格・体格

フェイスパーツの大きさ・甘辛

肌の色素・質感

などで主張の強さが決まります。

 

ステキなアクセサリーであっても

本人よりも存在が前に出るものは

自分もアクセサリーも

お互いが殺し合ってしまいます。

良く見えません。

自分が負けちゃうときは

ヘアメイク、ヒールなど

「盛り」で存在感をプラスして

バランスをとってください。

 

そう、アクセサリーは全体バランスが大事。

小さいものであっても

ヘアメイク、靴も全部決まったあとで

全身鏡の前で必ずチェック。

このひと手間がオシャレさんかどうかの

分かれ目です!

 

また、確認しておきたいのが

フェイスまわりと手のイメージの違い。

アクセサリーをつけるココの2ヶ所は

同一人物であっても

イメージが一緒とは限りません。

 

顔はシャープでキリッとしていて

手がコロンと小さめで指が短い

または

顔はふっくら女らしく

手が骨ばっている

なんて言いう方は

ピアスやネックレスと

指輪やブレスレットを

同デザインで揃えると

どちらかがバランスが悪くなりがち。

イメージやボリュームは

顔周りと手元で調整してくださいね。

 

アクセサリーはアイキャッチであると同時に

本人の引き立て役、

そしてマテリアルの種類も

服よりずっと豊富。

迎え討つには気合が必要ですよ!

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

相棒は優秀な方が頼もしいけど、

出し抜かれないようにご注意を。

 

 

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む