秋へのシフトは秋色で

こんにちは!
ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

 

夏休みが終わり、すっかり涼しくなり、

蝉から鈴虫の鳴き声へと変わり、

夏女としてはセンチメンタルな季節を迎えております。

毎年この時期には食べるかオシャレ楽しむかで

気持ちを盛り上げるに限ります。

とは言っても暑いので毎日半袖なんですけどね。

 

秋気分にググッとシフトしてくれるのが

秋カラーの服です。

半袖や薄手の素材でも

色を秋カラーにするだけで

一気に季節先取りの気分になれます。

 

特に私がこの秋注目しているカラーを

ご紹介しますね。

そのカラーとは

エンジ、ボルドー、マルーンなどの

くすんだ深みのある赤、

そして

ティールグリーン、フォレストグリーンなどの

こっくりと濃い緑、

 

秋の定番色2色が

この秋は特に気になるのです。

++深い赤++

 

実はこの色はどのパーソナルカラータイプの人にも

使いやすい色なんです。

 

情熱的で神経的刺激の強い赤、

それを落ち着かせた色ですから、

激しさと穏やかさ、

女性味と男性味、

両面の性質を兼ね備えた

幅の広い色と言えます。

 

しかも、くすんでダークなので

色味の幅も広いのです。

厳密に言うと、

ワインレッドは青みの赤、

マルーンは黄みよりの赤、

というように色みは違うのですが、

鮮やかな原色とは違って

はっきりとは認識しにくいんですね。

 

ですからワインレッドだろうとマルーンだろうと、

少々自分のドストライクな色みから

ずれていても気にならない。

ですからエンジ周辺の色(と言ってしまいましょう)は

誰にも戸口の広い秋色と言えます。

 

 

++濃い緑++

 

緑って不思議な色だなと思います。

合わせる人によって

ナチュラルにも

モダンにも

優しくも

シャープにも見せてくれる。

 

実は他の色と比べて、

自然界にはとても色域が広く存在し、

人間の視神経では

細かい差が識別できないのが緑。

近くて遠い色なのかもしれません。

 

シックなグリーンは落ち着きと

抜きん出たオシャレ感が出せます。

 

深い赤よりも色目は厳密に

自分にあったものを選ぶようにしましょう。

青み寄りの

ディープターコイズやティールグリーンから

黄みよりの

モスグリーンまで、

顔写りのいい色を選んでください。

 

 

 

 

 

++苦手な場合は++

 

くすんでいるとか濃いとかのシックな色が

ご自身のイメージに対して重すぎる、

顔色が暗くなってしまう人はいます。

特にサマーさん、スプリングさんに多いですね。

 

そういう場合は、

ハイ、例のアレです。

〇顔から離して使う

〇分量を少なくする

 

今年は特に濃い赤も緑も

ボトムスが充実しています。

挑戦するにはとてもいいタイミングですよ。

 

新しい季節には

新色から入る、

これは結構正解なのです。

 

気持ちがリセットされる、

コーディネートの幅が広がる、

そして新たな自分を発見したりします。

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

そして出会いも連れてきてくれるかも♪

 

 

 

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む