春ですもん、白とデニムでしょ

こんにちは!

ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

 

春のファッション誌は

見事に白とデニム祭り。

爽やかに統一されてます。

 

白とデニムのいいとこ

「だれの家にもある」笑

お手持ちのものを引っ張り出して

この春らしい着こなし、

そこにちょっとしたひと工夫で

あなたらしい着こなし、

やってみましょう。

 

 

 

白とデニム(またはダンガリー)は

だれもが持っているけど

好感度抜群だけど

実は

だれにでも簡単ってわけではありません。

 

特に

コンサルティングにいらっしゃるかたに

多いのが、ジーンズはまだいいんだけど

(顔から遠いからでしょうね)

ダンガリーシャツ、Gジャンは苦手

っていう人。

 

あとは

白は無難にだれにでも似合う

と思ってる人が多いってこと。

 

白っていうシンプルな色は

お肌をキレイにみせてますか。

デニムっていう硬い素材は

男っぽすぎてませんか。

汚らしくなってませんか。

白に青の組み合わせは

寒々しくなってませんか。

 

 

 

 

 

 

++白は案外難しい++

 

男女ともによく聞かれるのが

白はだれにでも似合うんでしょ?

 

これはカラリストの回答としては

NO


真っ白が似合う場合の印象は

爽やか、カッコいい、ですが、

ウォームタイプ(イエローベース)の

人にとっては

硬い、寂しい、不健康、のっぺりする、

肌がテカテカする、くすむ、

などどいう負の印象を与えることも

よくあります。

クリーンな色のはずが

却って不潔感を感じる場合もあります。

 

そういうかたには真っ白よりも

少し黄みを感じる白にするか、

白の分量(面積)を

少なくするようオススメします。

 

白は漂白した白から

生成りまで

パーソナルカラー診断で

「似合う白さ」をお探しします。

++白は白でも素材によって違う++

 

白のシャツやニットの場合

もう一つ大事なこと。

それは素材感です。

素材によるイメージは

思っている以上に重要で

違いがはっきりあります。

 

どういう素材が自分に合うのか

それは主に

骨格タイプとお顔立ちで決まります。

今回は

骨格タイプ別に見てみましょう。

 

骨格タイプは

・STRAIT

・WAVE

・NATURAL

の3つ。

 

下の写真はわかりやすく

形はあえて同じシャツカラー長袖で

素材だけ変えています。

白なので少々素材感は

見えにくいかもしれませんが、

シルエットや着こなしも

少し違ってきますので

お分かりいただけるかと思います。

この中にご自分の得意

あるいは苦手が見つかったのでは?

 

STRAITさんは

目の詰まった、

硬さやハリのある素材で

高級感やきちんと感を

出してください。

ニットの場合はもこもこしない

ハイゲージを。

厚みのある体を立体的に

でもスッキリと見せてくれます。

 

WAVEさんはフェミニン、

つまりメンズにはない素材と考えれば

わかりやすいです。

透け感、ふんわり感、とろみ、揺れを感じる

素材を選んでください。

 

NATURALさんは

表面が単調でないもの、

きちんとアイロンをかけて着るのではなく、

ラフで素朴な印象のものが似合います。

麻のざっくりさ、楊柳やシボ加工の

ランダムな凹凸のあるものがいいですね。

++デザイン・シルエット++

 

これも骨格タイプ別に考えてみることにします。

「します」と言ったのは、

骨格タイプがデザインとシルエット

全てを決めるのではなく、

これまたお顔立ち、そして体格や身長も

やはり影響するからです。

 

骨格別の基本の考え方だけ

押さえておいてください。

STRAITタイプさんは

とにかくスッキリシンプルな

アイテムでまっすぐな「I」ラインに

まとめること。


袖も襟もベーシックで、

体に合った立体的な裁断の

されたもの。

ボトムスはタイトや

ストレートシルエットで。

胸元は少し開けぎみに。

ノーカラーならVやUネックでスッキリと。

胸ポケットなどもごちゃごちゃないほうが

すっきり着やせして見えます。

 

トップスの裾はひらひら長くないものなら

出して着るか、

ボトムインする場合はウエスト位置が

ジャスト位置ではなくやや下、

ヒップハングになるようにすると

スタイルアップして見えます。

WAVEさんのシルエットは

ウエストをジャスト位置か

少し上気味にコンパクトにすること。

そしてそこから裾に広がるボトムス。

つまりフィット&フレアですね。

 

胸元が開きすぎたり寂しくならないように

なにかアクセントのあるものを選ぶか

アクセサリーなどで調整を。

 

どこかにリボンやギャザーなどがあると

デニムの素っ気無さがグッと

得意なキュートさに近づきます。

NATURALさん、どこか

大胆なシルエットがお得意。

トップスかボトムスが

長い、体が泳ぐ感じなど

バランスを崩してしまうことで

カッコよさが出ます。

袖や裾をまくるだけでも

グッと雰囲気が近づきます。

 

デニムはダメージ加工や

ロックテイストも是非試してみてください。

 

胸元は寂しくならないように

やはりアクセサリーやストールを

活用しましょう。

 

++差し色をプラス++

 

シンプルなデニムと白には

ちょっと「差し色」を。

 

イマドキぽく

春らしく

オンナっぽさアップ

するためのオススメは

暖色系の元気な色。

レモン、マスタード、オレンジ、

フューシャ、レッド

あたりの気分です。

差す小物はストールでも

タイツでも帽子でも

なんでもいいんですが、

今回白とデニムの爽やかさを

あんまり崩したくないってのと、

顔から遠い方が色を選ばない

ってことで

靴かバッグで取り入れるのをご提案します。

 

この顔から遠いとこで取り入れる方法、

何にでも応用できます。

服に得意な色が少ないシーズンや、

初めてのカラーにトライするとき

などなど使えるテクです。




















バッグ yucchino

http://www.yucchino.com/

ボーイズライクが

女らしさを引き立てる着こなし、

楽しんでください。

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

春は見た目爽やかハートは温かくね

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む