カッコにそんなお金も時間も注げません

こんにちは!

ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

 

あなたのおこずかいは毎月いくらですか。

毎朝何時に家を出ますか。

残業や土日出勤は多いですか。

育児中、介護中ですか。

 

これは別にコンサルティングで

お聞きするわけではありませんが、

お金・時間・気持ちの余裕は

明らかに

身なりやファッションへの興味に

比例するんですよね。

 

私はこれが残念でなりません。

 

時間がないから、

金銭的に余裕がないから、

おしゃれはできないんですぅ。

よく聞くお言葉。

よーくわかります。

私もそうでした。

 

10数年前の私。

子ども達をママチャリの前と後に乗せて

保育園と幼稚園に連れてったあと、

電車で通勤。

会社帰り再びママチャリでお迎えに。

公園で2人と遊んで、

スーパーで買い物したあとは

食料品、オムツなど積めるだけ積んで

家までダッシュ。

帰宅後ももちろん

第2ラウンドが待っています。

常に時間に追われてて

重いもの持ってて

汚れる可能性大。

外に出るってことはこれだから、

おしゃれなんてする余裕なし。

眉毛片方描き忘れて会社にいくなんて

しょっちゅうでしたね。

休日に子連れで服買いに行くのも

じっくり選ぶ時間ないから

かえってストレスでした。

 

友人の素敵なセーターを褒めたら

「これ安かったのー、1万円」

え・・・

1万円のセーターって安いの?

もしそれ買っちゃったら今月は

美容院も口紅も無理なんですけど!

 

1日あと30分、

週にあと3時間、

月にあと5000円、

自由に使えたらなー

って思ってました。

いつか余裕が出来たら

あんなお店でこういうもの

お買い物したいなー、

って思ってました。

 

たぶん私だけじゃなく、

人生のどのタイミングに於いても、

男性でも女性でも、

おしゃれするのには時間やお金が

足りないと考えている人の方が

多いんじゃないかな。

 

昨年の調査では

20~30代の独身男女の

半数以上が1ヶ月の衣料購入代金は

1万円以下という結果が出ています。

女性の結果

 →http://venustap.jp/archives/140572

男性の結果

 →http://venustap.jp/archives/142295


またサラリーマンの平均のおこずかいは

男性が39572円、

女性が36712円

とも発表されています。

女性はここから

美容院、ネイル、化粧品代なんかも

捻出するわけです。


ファッション誌に載っている

旬のブランドで買う。

流行遅れにならないよう

毎年アウターを買い換える。

服だけでなく靴からバッグまで

十分に着回せる数を揃える。

あれは誌面上の

架空のワードローブであって、

ほとんどの人にとっては

現実的ではないと私は考えます。

 

今は身なりを構わず

「いつか余裕が出来たら」を夢見て頑張る。

これは日々の励みになるでしょう。

でも

厳しいようですが断言します。

もし「いつか」が訪れたとしても

その時には、

身なりを構ってこなかったあなたの

お肌、体型、気力、感性は

今より確実に下降しています。

 

せっかくの今がもったいないです。

「いつか」は楽しみながら

待ったほうがずっといい。

 

 

 

もし私がタイムマシンで戻って

もっかいママチャリ生活をするとしたら

同じ状況でも

もっと着るものやヘアメイクを

簡単に楽しめたと思うんです。

 

なぜなら

今の私なら

お金や時間をかけずに

要領よく自分の良さを出せる方法を

知ってるから。

1万円のセーターが着る人によって

3万円にでも980円にでも

見えうるということも、

その原因も、

今ではわかるから。

 

ついでに言うと、

というかこっちがメインなんですが、

着るものやヘアメイクを楽しめたなら

その時の生活そのものを、

その時しか見られない

子どもの姿を、

もっと余裕を持って味わえたでしょう。


無駄のないお買い物、

ミニマムなワードローブ、

短時間でのヘアメイク、

それなのに今よりずっと素敵に見える。

この技術が切実に必要なのは

時間とお金に制約のある人です。

スタイリングは

制約のある人、

着るものってめんどくさいって

感じてる人にこそ

受けていただく真の価値があります。

 

ブレない自分基準があると、

ブランド、価格、流行に惑わされません。

しまむらで買おうが、

5年前のだろうが、

似合ってるということは

アイテムが良く見え、

自分も良く見える。

そのことに満足と自信が持てるのです。

関西のおばちゃんお得意の

お買い物自慢を。

このワンピース15ドルやってん。

やっすいやろ?

よぉにおてるから

3万円言うても

バレへんと思えへん?

 

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

ファッションは娯楽でありテクニックです

 

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む