大人男子おしゃれ道場-カジュアルとフォーマルのあいだ2

押忍!

ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

 

手っ取り早くおしゃれ感、安心感があって

いろんなシーンに対応できる

カジュアル×フォーマルミックスの練習です。

入門として

 

・テーラードジャケットのコーディネート

・キレイめカジュアル

 

この2パターンを見ていきましょう。

 

考え方は

アウター

インナー

ボトムス

この4種類で

カジュアル(左) - フォーマル(右)

左右のバランスを調整していきます。

完全にカジュアル、完全にフォーマルに

ならないようにバランスを取るのが

今回のお題です。


ここで注意。

自由度の高いコーディネートになるほど

難しくなってくるのが


1.襟を立てるか立てないか

2.ボタンは開けるか留めるか

3.トップスをパンツインするか出すか

4.パンツの裾、袖は折るのか伸ばすのか


これってなにげに

年齢や洗練度の分かれ目となるポイント。

そういうちょっとしたところで

全体の雰囲気は

決定的に変わってしまうものです。


年齢や好みや目指すところによって

これが正解ってのはありません。

着こなし、アイテム、

その人の骨格タイプと体格によって

変わってきます。

これだけでブログいっこ書けちゃいます。

 

ただ

おしゃれな人ってのは

どう着るにもちゃんと理由があって

そうしているんですね。

そもそも片一方は選択肢にない、

パンツインするベルト持ってない、

ってのはちょっと困ります。

襟立てるのは

バブリーなのか垢抜けてるのか。

パンツインするのは

オジサン臭いのかおしゃれなのか。

ちゃんと考えること、

普段から意識して人の着こなしを

観察することが大事です。

 


 



入門の考え方1.

高級、清潔、丁寧さのあるアイテムや着こなしは

フォーマル度を加点します

 

入門の考え方2.

最初は白、黒、グレー、ネイビー、

ベージュ、ブラウン、カーキの

基本色だけか、

そこに差し色1つまでとします

 

入門の考え方3.

アウター、インに着るもの

必ずどちらかは襟付きにします

 

入門の考え方4.

似合う似合わないの観点は、

今回入れておりません



 


 

 

 

 

 

 

 

++テーラードジャケットのコーディネート++

 

フォーマル度ダントツの

テーラードジャケットですから

それ以外のアイテムで

思いっきりカジュアルに寄せてしまって

大丈夫なのです。

これ、じつは一番簡単なんだけど

こなれ感が出るおトクな方法。

 

今夏のコーディネートの場合、

オシャレ感を出すために

まず最初に押さえていただきたいのが

足元の軽量感。

テーラードジャケットの

重さと固さに対比して

下に行くほど軽快に、

素材感や色で

逆三角形になるよう意識します。

 

紺ジャケ、

白パンツかジーンズ、

スリッポンかスニーカー、

ってコーデが

今一番多いのは逆三角形の原理に

かなってるわけです。


カラーパンツやジーンズは

細めシルエットか短めで、

いつものレングスなら

さらにひと折りしてみてもいいですね。

靴はスニーカー、スリッポン、

ローファー、モカシン、

エスパドリーユなど

軽快さのあるもので。

++キレイめカジュアル++

 

キレイめカジュアル

まずはテーラードジャケット以外の

ジャケットを使ったコーディネートです。

テーラードという

テッパンきちんとアイテムがない代わりに、

ほかのアイテムで

「きちんと」と「キレイ」を

押さえていきましょう。

 

ここでもポイントとなるのは靴。

トップスの軽さとカジュアルさが増す分、

靴はきちんとめにしていくと

ただの普段着カジュアルではない

キレイ目に仕上がります。

 

上のテーラードジャケットの場合は

重厚感は逆三角形を目指しましたが、

今回はボトムスと靴の

素材、色、ボリューム感で

やや三角形になっても大丈夫。

次はアウターなしの長袖シャツ。

アイテムが減るほど

バランス取るのがムズカシくなる

ってわかります。


今年のシャツは丈が長め傾向なので

タックインするかどうか

試してくださいね

次はいよいよ半袖一枚。

どうやってフォーマルに寄せるか。

普通にやるとただのクールビズに

なっちゃいます。

もちろんそれでもいいんですけど、

それなら教科書も見本もたくさんありますので

そちらをご参考に。

 

ビジネスとは違うキレイめを出すためには

 

1.ボタンダウン

2.トップスに無地の白とパステルは避ける

3.スニーカーは避ける

 

これが簡単、安心。

 

いや、白とパステルはいいんですよ。

いいんですけど、

避暑地の従業員さんか、

ゴルファーになりがちなので

今回のテーマでは外しました。

 

自信ないかた、めんどくさいかたは

長袖がいいと思います。


仕事のカッコと遊びのカッコ、

使い分けてる人はカッコイイです。

服装も気持ちも人付き合いも

複数のチャンネル持ってるほうが

いいでしょ?

たぶんビジネスもプライベートも

それぞれがリフレッシュしあうはず。

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

チャンネルある男性ってミステリアスです

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む