パーソナルカラー診断、プロはここを見てます

こんにちは!

ルノンキュルのりんごです。

 

パーソナルスタイリングのメインは

パーソナルカラー診断、

そして骨格診断の2つです。

つまり色と形ですね。

 

どっちの診断が難しいかって言うと

断然パーソナルカラー。

プロのカラリストが診ても

診断結果がまちまちになることも

あるくらいですから

色っていうのは本当に奥が深いのです。

 

ですから常々私は

素人さんが自分でやる

簡易のパーソナルカラー診断は

あまり当たりませんとお話しています。

↓ ↓ ↓

ブルーベースかイエローベースかで悩んでますか?

 

でも

この記事読んでる人なら

当たらないって言われても

気になるでしょ?

なら、どーんと間違った結果を鵜呑みにするより、

色の効果について知って、

カラリストが「似合う色」とは

どういう基準で見てるのか

その辺を知っていただこうと思います。

 

自分の強調した方がいい魅力、

狙うと逆効果になること、

あなたが色とのお付き合いの中で

意識していないことに気がついていただければ

「似合う」ことについての

考え方がわかると思います。

□ファンデーションはオークル系

□リップとチークはオレンジ・コーラルピンクが

 肌がキレイに見える

□リップとチークはローズ・ベビーピンクだと

 やや不健康に見える 

□ゴールドとシルバーのリングでは

 ゴールドのほうが手がキレイに見える

□どちらかと言うと若く見える

□オレンジ色を着ると顔がいきいきと見える

□黒髪はやや重苦しい

□真っ白を着ると蒼白で不健康に見える

□グレーを着ると寂しいがベージュだと健康的に見える

□ワインや焦げ茶のような濃色は老けて見える

□パステルカラーは顔が華やかに見える

□くすんだ色は顔がぼんやりする

□タータンチェックよりもギンガムチェックがしっくりくる

□ボーダーは黒×グレーよりもネイビー×白がしっくりくる

□瞳がキラキラした印象

□ファンデーションはオークル系

□リップとチークはオレンジ・コーラルピンクが

 肌がキレイに見える

□リップとチークはローズ・ベビーピンクだと

 見たとおりのきれいな発色をしない 

□ゴールドとシルバーのリングでは

 ゴールドのほうが手がキレイに見える

□子供の頃から大人っぽいと言われる

□黒を着ると威厳が出るが顔色は悪くなる

□真っ白を着ると肌がのっぺり不健康そうに見える

□ライトグレーや明るいベージュだけでは物足りない

□ワインや焦げ茶のような濃色がシックにまとまる

□薄いパステルカラーは子供っぽくて若作りに見える

□マスタードやカーキを着ても顔がくすまない

□ビビッドな色を着るとけばけばしい

□エスニックやペイズリーやタータンチェックなどの

 色数の多い柄を着てもごちゃごちゃしない

□ダイヤよりも木や琥珀など天然の不透明な

 アクセサリーが肌がゴージャスに見える

□いわゆる外人顔と言われることがある

□ファンデーションはピンク系

□リップとチークはローズ・ベビーピンクが

 肌の透明感が出る

□リップとチークはオレンジ・コーラルピンクだと

 肌が黄色くくすむ 

□ゴールドとシルバーのリングでは

 シルバーのほうが手がキレイに見える

□オレンジ色を着るとシミ・くすみが目立ち

 ギラギラして見える

□茶色を着ると野暮ったく老けて見える

□真っ白を着ると爽やかで若々しく見える

□ベージュだと垢抜けないがグレーだと知的に見える

□全身濃色だと色に負けている感じがする

□パステルカラーは顔が若々しく見える

□ビビッドカラーは取ってつけたようになる

□スモーキーパステルが落ち着いた雰囲気にきまる

□エスニックやペイズリーやアニマルはうるさい

□淡い水彩調やナチュラルな柄がぴったりくる

□瞳や目鼻立ちは優しい印象

□ファンデーションはピンク系

□リップとチークはローズ・ベビーピンクが

 肌の透明感が出る

□リップとチークはオレンジ・コーラルピンクだと

 肌が黄色くくすむ 

□ゴールドとシルバーのリングでは

 シルバーのほうが手がキレイに見える

□オレンジ色を着ると肌がもたつく感じがする

□黒髪が重苦しくなくクールにきまる

□真っ白を着るとカッコよく見える

□ライトグレーや明るいベージュだけでは物足りず

 黒や濃色をどこかに入れると締まる

□パステルカラーはかわいこぶって見える

□ビビッドカラーで肌のツヤと目ヂカラが増す

□くすんだ色は顔がぼんやりする

□ナチュラルな花柄よりも幾何学柄がしっくりくる

□瞳や目鼻立ちはハッキリとした印象

あなたはどれが一番

多く当てはまりましたか?

「似合う」の意味そのものが

多様だってことはお分かりいただけると思います。

 

「美白」はある人にとっては「不健康」で

「若々しい」はある人にとっては「若作り」

でしかないのです。

 

自分の持ち物を他者と比べない、

みんなと同じ山の頂上を目指さない、

自分の山を見つける。

そういう潔さを身につけることが

何よりもあなたが魅力的に見える

第一歩となります。

 

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

花はすべて美しくてすべて美しさが違います

   りんご考

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む