苦行「オノレコーデ撮り」のススメ

こんにちは!

ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

私が生徒さんにお出ししている宿題

あなただけの20項目

は以前お話しましたね。

 

もひとつてやっていただくのが

「自分撮り」

2週間毎日

玄関で(バッグと靴も合わせた状態で)

全身を撮っていただきます。

加えて誰かに後ろ姿も撮っていただければ

なお良しです。背中は別人・・・かもしれません

 

この宿題は私に提出の必要はありません。

なぜかというと

私がコメントするまでもなく

おのずといろんなことに気づくからです。

 

鏡で見るのと写真に映るのは違います。

鏡だとひいき目に見えているもの。

その点写真はシビア。

 

思った以上に姿勢が悪い、

知らないうちに顎にお肉がついてる、

顔の右半分は上手に笑えてない、

靴が磨けてない、

お気に入りのネクタイは案外浮いてる、

パンツのプレスが取れている、

なんてことをありのまま

容赦なく写し出します。

 

それが他人が見ている本当の自分。

 

そしてこれはあくまでも「自分撮り」

人に撮ってもらんじゃあダメ。

人に撮ってもらうときは

いい姿勢や表情を作る余裕がありますが、

自分撮りだと撮る作業で手一杯。

光やアングルやフレーミングに気を取られていて

余裕がない素の自分、

それを撮って欲しいんです。

 

気づきはたくさんあって

全部は書きませんが、

それ以外に思わぬおまけもついてきます。

 

おまけ1.玄関を掃除したくなる。

 

おまけ2.時間の余裕がないと撮れないので

 朝の支度が手早くなる。

 

おまけ3.ブルーな気分は顔に出る。

 朝から家族とケンカなんてとんでもない。

 

 

コンビニに行くだけってときも

撮る。

スッピンでもスウェット上下でも

やっぱり撮る。

浮かれてても疲れてても

ひたすら撮る。

 

この作業、地味に辛いです。

自分を直視するのは時として残酷。

でもたまにはオノレのカオスから脱して

離れたところから自分を

「へぇー」と眺めてみる。

 

離れるから見えてくるものがあります。

毎日続けると

何かがちょっと変わるはず。

 

そして不思議と

大事なのは容れ物ではない気もしてくる。

 

男性も女性もやってみてください、

お出かけ前のオノレコーデ撮り2weeks

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

みっともない時もステキな時も、ぜーんぶワタシ。

   りんご考

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む