トレンドカラー「カーキ」を着こなそう

こんにちは!

ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

 

サファリ、ミリタリー、コロニアルが

きてますきてます。

てことで

トレンドカラーはあれしかありません。

メンズもレディスも

カーキがたくさん出揃ってます。


カーキって

大人っぽくて、

どこかアンニュイで、

でもナチュラル、

複雑な奥行きがあります。

ベーシックカラーの中では

ちょっと癖があって、

好き嫌いの結構出る色ですね。

ネイビーやベージュに比べると

日本人には苦手な人が多い色。


でも大丈夫!

ここは日本。

そして流行り中。

もしあなたがカーキ苦手さんでも

トライしてみるなら今です。

アイテムや色めのバリエーションがあって、

しかも低価格帯商品の多い春夏、

リスクもコストも低いのです。

 

あなたがもしカーキお得意なら

オーバーオールやマキシワンピースなど

新鮮アイテムから

定番のカーゴパンツまで

ばりばりハードにもラフにも

やんちゃにも

楽しんじゃってください。

 

ちょっと苦手なかたには

今年っぽく、

カーキを楽しむコツを紹介します。

 

 

 

 

 

++似合うカーキを知る++

カーキが似合わない人は

暗い、くすんでいる、黄み、緑系

これらのどれかが苦手と思われます。

どれかがご自分の

色素や目鼻立ちや肌質との

相性がよろしくなく、

汚らしく見えたり、

野暮ったくなったり、

お肌がくすんで見えるんです。

 

でもカーキって

黄色と黒という

対極の2色を混ぜた色だけあって

色域がとっても広い

 

上の表を意識して

ご自分の得意な方向に寄った

カーキを探してみてください。

もしお店でカーキが2種類あれば

顔に当てた感じに

必ず違いがありますので

試してみてください。

 

 

 

 

 

 

++爽やか色とコーディネート++

 

秋冬と違って

今からの季節のカーキは

重厚にはまとめません。

爽やか要素を足して

重くならないようにまとめるのが

好感度高くするコツ。

「春ですもん、白とデニムでしょ」

でもお話しましたが、

今季は組み合わせに迷ったら、

なんせ白っぽくしとけば間違いない。

 

白、パステル、ライトグレーなど薄い色、

ブルーならデニム、シャンブレー、麻の

白っぽくムラ感のある生地、

ストライプやボーダーのマリン、

これらを組み合わせて夏らしく涼しげに。

 

ブラウン、黒ももちろん

色の組み合わせとしては合うのですが、

分量が多すぎると

特に今年は垢抜けない

重苦しい感じになりがちなので、

どこかには抜けを作るように

こころがけてください。

 

 

 

 

 

 

 

++ボトムスはコンパクト&キレイめ++

 

 

苦手な色は、

はい、顔から離して、でしたね。

 

カーキや迷彩のボトムスと言えば

カーゴパンツ系の

ボリュームミーなのが定番ですが、

この春夏はライトに都会的に

着こなしたいのです。

ですから、どこかコンパクトに、

キチンと感をプラスしましょう。

クロップト、バミューダのように

短め丈、

テーパードやスウェットのように

足首にフィットしたもの。

今年はとにかく足首コンシャス。

ロールアップ、ガウチョパンツなんかも

いいですね。

 

そして足はつっかけ風にならないよう

おりこう靴や、ビジュー、ヒールなど

華やか靴でまとめる。

これがカーキのちょいワルさと

いいバランスです。

 

 

 

 

 

 

++男性のトップスはカタめに++

 

 

トップスはカットソー、

いわゆるTシャツやスウェットよりも

綿や麻の織物素材、

半袖よりも長袖を選んでおくと

デキる大人って感じ。

旬のサファリジャケット、

ヨットパーカー、

麻のシャツ、サマーニット、

などが洗練されてていい感じです。

 

長袖が間延びして重ければ

ジャケットであっても

袖は折っちゃいましょう。

 

そしてキレイなオトナのカーキ、

ジャケットもシャツも

ブカブカはダメですよ。

肩が落ちないものを選んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

++女性は長いか短いかどっちか++

 

 

女性らしさアピールには

上のメンズとは差のあるスタイルが

いいのです。

襟はナシ、

長さはメンズより短いか、あるいは長いか。

長いか短いか、

どっちかのスタイルが

あなたの骨格タイプにはハマるはず。


短い場合はショートジャケット、

あるいはブルゾンです。

ブルゾンの場合、アイテムが男性的なので

スカートやガウチョパンツで

優雅にまとめるのがお約束。

 

そして長い場合はトコトン長く、

ロングガウンやロングシャツ、

サマートレンチなどでずるーんと。

長さで重い分、

素材はシャリ感や、透け感、とろみの

あるもので軽くサラリと。

 

 

 

 

 

 

++シースルーで軽さを++

 

 

レース、チュール、アイレットなど

透け感のあるものが

季節問わずのロングヒットです。

これは重さのあるカーキや迷彩と

特に好バランス。

++小物は優秀なムードメーカー++

 


夏は身に付けるアイテムが少ない分、

小物の存在が大きいです。

ミリタリーやサファリのエッセンスを

ちょこっと入れるには

とっても便利。

 

夏のカーキの場合、

革製品よりも帆布やジュート、

革でもスエードが多いので

取り入れるのもお手軽です。

ま、

あなたにはあんまり似合いません

てお伝えしたところで

おしゃれ好奇心の強い人は

やりたいものはやりたい。

トレンドは楽しみたい。

でしょ?

じゃー一番自分にダメージの少ない方法で

取り入れる。

 

そこで、いつも言ってるあれですよ。

顔から離すとか、

光沢感や透け感でごまかすとか、

スタイル(形)で自分に寄せるとか、

中和する方法を知っておくことが

一番の武器になります。

 

夏のカーキ、楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

「愛と哀しみの果て」良かったですね。古い?

   りんご考

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む