骨格タイプ別、スタイルアップする夏のワンピース

こんにちは!

ルノンキュルのコンサルタント、りんごです。

 

まずお知らせを一件。

今週6/20に発売の

『ナチュリラ7月号』で

似合う襟の特集を担当させていただいてます。

是非ご覧下さいね。

 

 

 

さて

コンサルティングの前に

クライアントさんにご記入いただく

カウンセリングシートには

お悩み記入欄があります。

 

「怖そうに見える」のように

自己イメージに関するものや、

「ジーンズが似合わない」みたいな

着こなしに関するものと同じくらい

女性の場合多いのが、

「体の太く見えるパーツ」

 

ルノンキュルにお越しになるかたは

美意識が高く、

体型維持されているかたが

多いのに、です。

 

そりゃこれだけ

ダイエットや着痩せというテーマの

書籍や記事が溢れかえってるわけだ。

 

短期間でお手軽な

しかも万人に共通のダイエット

というものはありません。

同じように万人が着痩せする

服なんてのも存在しません。

たぶん経験上ご存知ですよね?

あるのはできるだけ縦長に見えるようにする

ワザくらいです。

↓ ↓ ↓

「正月太り、解消しますか?放置しますか?」

 

まず太り方の種類によって、

いわゆる「リンゴ」「洋ナシ」「バナナ」

などとと呼ばれる遺伝子によるタイプですね、

基礎代謝、脂肪のつき方、

食べることへの執着度、などなど

すべてが違いますから

同じ食事やエクササイズは当てはまりません。

 

あるタイプの人には楽で効果的な

ダイエットが、別の人にはとても苦しい

ものだったりするわけです。

苦しい続かないダイエットは

しないほうがましです。
↓ ↓ ↓

「この方法であなたも5歳若返ります♪」

 

 

さて本題。

上記の太り方のタイプともリンクしていて

しかも

スタイリングや髪型の似合うタイプまで

決定してしまうのが

「骨格タイプ」です。

 

骨格タイプとは、持って生まれた

筋肉の付きやすさ、

脂肪の付く位置、

骨の発達度合い、

といった体質によって

「STRAIT」

「WAVE」

「NATURAL」

の3種類に分かれるものです。


骨格タイプに基づいた

着るものや髪型にすると

圧倒的に垢抜けて、スタイルが良く見えます。

どこが太いとか、ここが短いとか

そういう細部の問題の前に

まず

根本的なベースが数段上がると思ってください。

 

つまり

ダイエット方法と着痩せ方法を

自分のタイプに合わせると

一番効果的ってこと。

 

なんと素晴らしいではありませんか。


いつも申し上げてることですが、

二の腕や太ももをどうごまかすかみたいな

コンプレックス発信の

スタイリングには

いいことはまずありません。

自分の骨格タイプ、カラータイプで

一番魅力的に見える方法を

前面に押し出していきましょう。

個々のお悩みカバーはその後

オマケで十分大丈夫です。

 

 

今回は女性ならではの

夏らしいワンピースの着こなし。

ワンピースって一枚ですから

ごまかしようがない

難しいアイテムなのです。

骨格タイプ別に見ていきましょう。

 


STRAITさん、

バストもお尻も筋肉の上に乗っていて、

立体感と厚みがあり、

重心の高い体型。

健康的ではつらつとした印象です。

 

藤原紀香さんを浮かべていただくと

わかりやすいですが、

スリムであっても筋肉の質感があるので

華奢や貧弱にはなりません。

 

太るときは内臓脂肪がつきやすく、

上半身から下腹部にかけて太る

リンゴ型が多いです。

 

もともと首からウエストにかけて

ボリュームがありますから、

上半身の圧迫感を強調せず

下に、縦に流すラインを作ることが大事。

背中や上腕部の厚みを拾う

ストレッチ素材、

肌からの厚みをプラスする

膨れ素材、

体よりも大きくなるシルエットは

太って見せますので注意。

 

スタイルアップして見える基本は

・体に沿った立体裁断

・肉感を拾わないハリのある生地

・デコルテをスッキリと開ける

・縦ラインを作る

・マニッシュ・ハンサム

・ミニマム・シンプル

・高級感

 

逆に太って見えるものは

・裁断と縫製の簡易なもの

 (平面的なもの)

・ドレープやフリルなど

 体のラインから浮くデザイン

・ツイード、キルティング、太い毛糸など

 厚みのある生地

・詰まった襟

・カジュアル・ラフ

・可愛い・甘い

 


WAVEさん、

骨が全体に細く、筋肉も乗りにくい。

脂肪の割合が多くなるので

女性らしく丸みと柔らかさがあります。

着るものもマニッシュなものは苦手で

フェミニンで甘いものがお似合い。

ワンピース探しには一番苦労しないタイプ。

 

首、肩幅、胸板すべてに

厚みや幅がなく、

ウエストも縦に長いので

華奢で細長い印象。

ほしのあきさんや杉本彩さんのように

グラマーであっても

華奢で縦の長さを感じます。

 

太る時には皮下脂肪がつくので、

下半身から太る、洋ナシ型が多いです。

太っても上半身のボリューム感はないので、

バレにくいタイプ。

 

着痩せしてみせるには

ウエスト、足首、手首など

細い部分をさりげなく強調し、

お尻、太ももあたりは

ふんわりシルエットで包むのが正解です。

 

デコルテは華奢なので

ついつい出したくなるのですが、

出してしまうと貧相なので、

シンプルというよりは手抜き感や

野暮ったさにつながります。

お得意のフリルやドレープなどで

やはりふんわりカバーがお似合いなのです。

 

そして足を長く見せ、

下半身に視線を集めず、

細いデコルテとバランスがいい

ハイウエストマークが効果的です。

 

スタイルアップして見える基本は

・高い位置や太いベルトでの

 ウエストマーク

・ギャザーやタックで下半身から離れる

 スカートシルエット

・Aライン

・フィットアンドフレア

・襟、飾り、パフスリーブなど

 デコルテにボリューム感の出るもの

 

逆に太って見えるのは

・体のラインに沿うシルエットやストレッチ素材

 (痩せている場合は問題なし)

・ローライズ

 


NATURALさん、

骨が長くしっかり成長する

性質なので、

肩幅や手足、顔立ちや輪郭に

長さや骨っぽさを感じる、

スタイリッシュなタイプ。

 

フォーマルやフェミニンのように

一定の型にはまるものは映えません。

ワンピースというフェミニンアイテムも

どこかに個性的で自由な要素、

動きを入れて、

こじんまりまとめないのがコツ。


萬田久子さんのように、

厚みは感じないけれど

服に負けない存在感があります。

存在感に負けないある程度の

主張のある服が

かっこよさを引き立ててくれます。


3タイプの中では一番太って見えない、

実際太りにくい、

かといって痩せても

華奢には見えません。

そして太っても

ぽちゃぽちゃ感、肉厚感は出ません。

太くなるとしたら下腹部のみの

バナナ型の人が多いです。

痩せるとスジスジして

関節や手足の大きさが目立ってきます。

 

スタイルアップして見える基本は

・構築的でない服

 (裁断パーツや縫製工程が少ない)

・どこかにイレギュラーなライン、

 ボリュームや長さがある

 (ドルマンスリーブ、ベルスリーブ、

 マキシ丈、バギーパンツなど)

・デコラティブ、大きめの

 アクセサリー・靴・柄

・ラフ

・カジュアル

 

逆にスタイルが悪く見えるのは

・体にきちんと沿った立体裁断

・華奢な靴やアクセサリー

・定番のフォーマルシルエット

・甘い


次は

同じワンピースを

骨格タイプの違う人が着ると

別モノになっちゃう例を見てきましょう。

 

もちろん

写真は全てスリムな

プロのモデルさんなので

基本的に問題なく

着こなしていらっしゃいます。

それでも私が

骨格タイプの観点から見ると

ドンズバ似合うものとそうでないものは

どんなスタイルのいい人にも

どんな美しい人にも

ちゃんと明確にあります。

 

これに加えて、

この人たちがあと10キロ太ったら・・・

という想像力働かせて見てってくださいね。

 

 

まずは体型カバーの王様

(と思われてる)

コクーンワンピ、サックワンピ、

ウエストマークなしのAラインワンピ。

WAVEさんには

お腹、腰、太ももまわりを

女性らしくカバーしてくれる

この手のワンピースも

STRAITさんには太って見えるのです。

 

背中、胸、お尻と前後に厚みがある

STRAITさんが着ると

一番太いところで筒になります。

お得意のメリハリ感もなくなって

いいことはなし。

 

STRAITさんがこれを着るのであれば

低めの位置に細いベルトをして

細い箇所に服を沿わせるのが

いいでしょう。

その場合はスカートが

ふんわり広がりすぎないように

畳むように軽くシェイプしてくださいね。

 

 

 

次は

女子力万点ワンピ。

WAVEさんの華奢でソフトなイメージに

ぴったりなフィットアンドフレアは

NATURALさんのフレームの大きさや

かっこよさには合いません。


はみ出してる感、

媚びてる感が否めない。

却って女性らしさ減少しちゃってます。


これをNATURALさんが着るなら

ウエストリボンははずして

デコラティブなネックレスなどで

甘さを減らしましょう。

パンツを重ねるのもいいと思います。

靴はボリューミーにね。




次はマキシワンピ。

NATURALさんには

ボリューム感やずるっと長いものが

カッコよく決まるんですが、

シンプルで下重心すぎるマキシワンピは

WAVEさんにはオシャレ感は出ません。

Tシャツもそうですが

カジュアルでさりげないものは

寂しいかだらしなく

寝まきに見えちゃいます。

 

WAVEさんがこれ着るなら、

ウエストマーク、アクセサリーで

盛った感プラスは必須。

リボン付きの帽子や

ストール、カーデ肩掛けもいいなぁ。

 

 

 

次はタイトフォーマルワンピ

体に無駄なく沿うように

たくさんのパーツで作られた

タイトなワンピースは

STRAITさんをとてもスタイルよく

見せてくれます。

足の長さ、ウエストとバストの高さが

際立ちますね。

 

これがWAVEさんには

シルエットも素材も

素っ気無さすぎ。

体のメリハリのなさを

ごまかせなくて間延びします。

 

WAVEさんがこれを着るなら

ウエストに太めのベルトかリボン。

せめてスカートはAラインであって

ほしかった。

 

 

 

 

 

 




コンプレックスを一度手放す、

そしてちょっと遠目に

自分の一番の魅力を探す。

これが最も効果的なスタイルアップの方法。

 

形、色、総合的に分析を受けてみると

遠くて近い自分の良さが

ちゃんと見えてきますよ。

 

 

 

自分をもっと好きになる、視点が変わる、

人との関係が変わる

森を見てから木も見るのがルノンキュル流

 

 


   りんご考

2018年

10月

13日

2018秋のドンりんご

続きを読む

2018年

1月

20日

私の美活-顔編-

続きを読む

2015年

4月

17日

「嫌われる勇気」

続きを読む

2015年

3月

13日

色気のススメ 2

続きを読む

2015年

2月

27日

色気のススメ 1

続きを読む